ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日のS&Pによる格下げの影響は限定的? 昨日の上昇をジリジリと切り崩している為替相場


マネースクウェア・ジャパン
 
取り逃がさず、手間いらず、読みいらず値動きしない新発想のFX手法『トラップリピートイフダン(R)』 24時間動き続ける為替相場でチャンスを逃さないように、罠を仕掛け面で相場を捉え続ける。
 
**************************************

昨日は、日本時間にギラード豪首相が「洪水はGDPを0.5%押し下げる見通し」と発言した事が嫌気され豪ドルが下落し。欧州時間に格付け機関S&Pが日本の外貨建て・自国通貨建て長期ソブリン格付けを共に「AA」→「AA-」へと引下げた事で円が売られれ、米ドル円が83円台まで円高が進むなど、為替相場が慌しく動く展開となりました。
また、米)新規失業保険申請件数は45.4万件と予想を上回る悪化となり、次月(2月4日)発表予定の雇用統計への影響が意識されそうです。

本日の日本時間前場は、昨日の格付け機関S&Pの「AAからAA-へと引下げ」の影響は、限定的との見通しで日本円が主要通貨に対し全面的に買い戻される展開となっています。また、朝方発表された英)GFK消費者信頼感指が前回発表値から大幅に悪化した事を受け、ポンドが売られる展開となっています。

日経平均は、格付け機関S&Pの格下げの影響が限定的だとの見通しや、米国株式市場も大きな動きが見られなかった事から静かに始まりましたが、軟調に推移する上海総合指数などが嫌気され 10381.97 (-96.69)で前場が終了しています。

本日の重要指標
時間件名
18:00マネーサプライM3
19:30KOF先行指数
20:00ガイトナー財務長官の発言
22:30第4半期雇用コスト指数
 第4四半期GDP
 個人消費
23:55ミシガン大消費者信頼感指数


**************************************
応援宜しくお願いします。
皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ     人気ブログランキングへ
**************************************
日本時間では、経済指標の発表も終了している事から為替相場を動意付かせる材料も無いと思われます。しかし、朝方発表された英)GFK消費者信頼感指数でのポンドの下落や、先程のスワン豪財務相による「洪水被害は、2010-11年のGDP(国内総生産)で0.5%下がり、消費者物価で0.25%上がると予想される」との発言など、ネガティブな話が多い事から、相場の動きに注意が必要だと思います。

欧州時間では、欧州・スイスの経済指標の発表が予定されていますが、為替相場への影響は限定的で株式相場の動きに左右されると思われます。最近は、予定外の欧州関係の要人コメントなどでユーロを中心に相場が動く事が多く不意な動きには気をつけたいですね。

米国時間では、重要指標の発表が予定されています。米)第4四半期GDPの事前予想は、前回から改善し増加予想となっており、米)ミシガン大消費者信頼感指数も同様に改善予想となっている事から、長期金利の動向次第で米ドル買い戻しの動きが見られるかも知れません。

本日のポジション
EURUSD S 3,000通貨 

最近は、EURUSDを追いかけていますが、今日の日本時間の間に昨日の高値を越えることは無いと考え、1.3750以上で売りを仕掛けようかと考えていましたが、10時前後の上昇に何を考えているのか、1.3735でロングを入れた途端反転し見事な損切りをして、昨晩の利益が半分なくなってしまいました・・・

*************************************
FXブロードネット
ドル円スプレッドが0.5~0.9銭と業界最高水準のスプレッド。取引回数が増える手動トラリピには最適な口座
さらに、50,000通貨取引で5,000円キャッシュバック付きで開始直後のリスクも軽減!

ご希望の方には、専用のExcel集計表をプレゼント

| 為替相場の焦点 | 12:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギラード豪首相の洪水被害関連の発言で豪ドル売り。期待ハズレのFOMCで米ドル安・・・


マネースクウェア・ジャパン
 
取り逃がさず、手間いらず、読みいらず値動きしない新発想のFX手法『トラップリピートイフダン(R)』 24時間動き続ける為替相場でチャンスを逃さないように、罠を仕掛け面で相場を捉え続ける。
 
**************************************

昨日の為替相場は、注目されていたFOMCが政策金利・米国債の買入れ期限・総額共に据え置かれ、声明で「成長率は労働市場の状況に著しい改善をもたらすには十分ではない」へとやや悪修正され、今回から投票メンバーの入れ替えたタカ派のメンバーが強気な意見が出されるかと期待していましたが裏切る形となり、期待していたような米ドル買いの流れにはつながりませんでした。

日本時間では、ギラード豪首相が「豪北東部の洪水被害は、2010~2011年のGDP(国内総生産)を0.5%押し下げる見通し / 洪水にかかる政府予算は56億AUDの見通し、洪水被害復興のため、所得に対して一時的課税を7月から適用する」と発言とした事で、豪ドルが売られる展開となり81円中盤まで下落しました。
洪水被害の影響や、2月(旧正月前後)に噂がされている中国の金融引き締めによる影響など、豪ドルにとってネガティブな話が多いことから、参加タイミングの判断が難しい所ですね・・・

本日の重要指標
時間件名
未定消費者物価指数
18:30南ア生産者物価指数
19:00消費者信頼感
19:30ビーニ・スマギECB理事の発言
20:00CBI流通取引調査
22:00ゴンザレス・パラモECB理事の発言
23:00耐久財受注
 週間新規失業保険申請件数
 シカゴ連銀全米活動指数
24:00中古住宅販売保留
27:007年債入札
 トゥンペル・グゲレルECB理事の発言

**************************************
応援宜しくお願いします。
皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ     人気ブログランキングへ
**************************************
日本時間では、経済指標の発表も全て終了し特に目立った材料もない事から、為替相場は方向感がなく狭いレンジでの動きが続くと思われます。日経平均は、NYダウなどの上昇で買い先行で始まりましたが、82円まで円高に進んだ事で押し戻され、10,429.42(+27.52)と小反発で前場が終了しています。15,000円で利益確定売りで押し戻されている事から、大きな動きは見られないかと思われます。

欧州時間では、独)消費者物価指数の発表が予定されています。事前予想は、前回の発表から悪化しマイナスに落ちている事から、予想通りだと一時的にユーロが売られる可能性がありそうです。

米国時間では、多くの重要指標の発表が予定されています。米)耐久財受注の事前予想は、除く輸送機器で前回の発表より悪化しています。米)週間新規失業保険申請件数の事前予想は40.5万件と悪化していますが、前回の結果が良かった事を考えると、ネガティブなニュースではないと思われます。素直に米ドルが買われる展開に繋がると良いのですが、状況的に難しいかも知れませんね・・・

本日のポジションEURUSD S 3,000通貨

レンジ内で動いているので、ヒット狙いの利益確定をしていけばよかったのですが、利益確定せず持ち続けていますが、他のブログで、テクニカル的にユーロドルが買い継続で1.3730を超えて1.3780をめざすのでは?と書かれていたので、逃げ出さないとやばそうな気がしています。
欧州時間の、独)消費者物価指数の発表でユーロが売られる展開を期待してますが、はたして・・・

*************************************
FXブロードネット
ドル円スプレッドが0.5~0.9銭と業界最高水準のスプレッド。取引回数が増える手動トラリピには最適な口座
さらに、50,000通貨取引で5,000円キャッシュバック付きで開始直後のリスクも軽減!

ご希望の方には、専用のExcel集計表をプレゼント

| 為替相場の焦点 | 12:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軟調に推移する上海総合指数が重石になり上値が重い豪ドルや、長期金利の低下で米ドルも・・・

マネースクウェア・ジャパン
取り逃がさず、手間いらず、読みいらず値動きしない新発想のFX手法『トラップリピートイフダン(R)』 24時間動き続ける為替相場でチャンスを逃さないように、罠を仕掛け面で相場を捉え続ける。

**************************************

昨日の欧州時間は、英)第4四半期GDPの前期比/前年比が予想を大きく下回る結果となったことで、ポンドが急落しリスク回避のドル買い・円買いの展開へと発展しました。
米国時間では、EFSF(欧州金融安定ファシリティー)がアイルランド支援資金調達のために5年債(発行額50億ユーロ)を発行し、アジアを中心に445億ユーロの需要が集まった事や、ホノハン・アイルランド中銀総裁が「ECB(欧州中銀)に対する市場の利上げ期待、驚きではない」とコメントした事でユーロが買われる展開となりました。

日本時間では、オバマ大統領の一般教書演説があり景気対策と財政再建の取り組みを示している。との内容でしたが、新たな景気対策を出さなかった事から、ジリ安で82円を挟んだ展開が続いている米ドルの重石になっています。日経平均も、ドル高進行などの影響で売り先行の動きとなっており、15,000円手前で足踏み状態となっています。

本日の重要指標
時間件名
14:00日銀金融経済月報
16:00輸入物価指数
18:30BOE(英中銀)議事録
22:00ノルウェー中銀政策金利
24:00新築住宅販売件数
24:30週間原油在庫
25:00シュタルクECB理事の発言
27:005年債入札
28:15FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利
05:00NZRBNZ(NZ準備銀)政策金利

**************************************
応援宜しくお願いします。
皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ     人気ブログランキングへ
**************************************
日本時間では、14:00に日銀金融経済月報の発表が予定されていますが、前月の内容から大きく変化がないと思われ為替相場への影響は限定的だと思われます。相変わらず金融引き締め懸念で上値が重く推移している上海総合指数は、軟調な動きを見せていることから資源国通貨の豪ドルの重石になると思われます。

欧州時間では、英)BOE(英中銀)議事録の発表が予定されています。内容に大きな変化がなければ相場への影響は限定的だと思われますし、昨晩のキングBOE(英中銀)総裁のコメント内容が出ている事を考えると、変化は無いと思われます。

米国時間では、重要指標の発表があります。米)新築住宅販売件数の事前予想は、僅かながら改善予想で先日発表された中古住宅の結果も改善されて入る事もあり、問題ないと思われます。米)FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利は据え置き予想ですが、その後の声明の内容次第で相場の流れが変わる可能性が高く注意が必要です。
また、米)5年債入札は長期金利に影響を与えやすく、最近の米ドル下落は金利低下によるものですので、一番重要なのかも知れませんね!

本日のポジション
EURUSD S 2,000通貨

ユーロ買いの流れもいい加減止まると思い仕込み始めましたが、米ドルが弱すぎてなんともなりません(笑)
豪ドルは、中国の金融引き締めが落ち着き、上海総合指数の下落が止まってから検討したいと思います。

*************************************
FXブロードネット
ドル円スプレッドが0.5~0.9銭と業界最高水準のスプレッド。取引回数が増える手動トラリピには最適な口座
さらに、50,000通貨取引で5,000円キャッシュバック付きで開始直後のリスクも軽減!

ご希望の方には、専用のExcel集計表をプレゼント

| 為替相場の焦点 | 12:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。