ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユーロ圏のソブリンリスクに加え、朝鮮半島・タイなど地学リスクも加わり相場の動きが難しい状況・・・・

テクニカル分析が苦手な方に朗報
リアルタイム情報サイトFXライブ
代表的な6種類のテクニカル指標分析に基づき計算された14通貨ペアの売買シグナルを配信し、画像と音声で24時間リアルタイム表示するなど取引タイミングを逃しません。また、キャッシュバックに上限がないのも魅力的ですね!

**************************************

昨日も相変わらず、ギリシャなどの財政問題によるソブリンリスクを懸念しユーロを中心に下落する展開となっていましたが、著名シンクタンクによる「ユーロの下落が行き過ぎた場合、G7で介入する」とのレポートが出回っているとの噂が出回り、 ECBが「通貨に関する声明を巡る憶測にはコメントしない」との声明で否定しなかった事を受け、ユーロが反発しました。
豪ドルは、RBAウォッチャーのマカラン氏が「RBAは6月に利上げしない」との見通しを示した事で下落するなど、波乱含みの展開となりました。RBAの利上げについては、当月のRBA議事録でも利上げサイクルについて発表している事から、予定通りなんですが・・・・

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

本日の日経平均は下落して始まりましたが、寄り付き後は買い戻される場面も見られ、その後も売り叩く動きとなっていない事から、大きく売られる展開にはならないかと思われます。しかし、ユーロ圏のソブリンリスクに加え、韓国哨戒艦沈没の地学リスクもあり、安全資産である日本円が買われる展開に繋がる可能性が高い事から、後場からの動きにも注意が必要かと思われます。

本日の重要指標
時間件名
15:00生産者物価指数
17:30小売売上高
18:00ポーゼンMPC委員の発言
19:45パパデモスECB副総裁の発言
21:30景気先行指数
 週間新規失業保険申請件数
22:15タッカーBOE副総裁の発言
23:00消費者信頼感
 景気先行指数
 フィラデルフィア連銀景況指数
 ジョーダンSNB副総裁の発言
23:30BOC金融報告
27:00タルーロFRB理事の議会証言
05:00NZイングリッシュ財務相の発言

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、経済指標の発表予定がないので、株式市場や外部要因で左右される展開が続くと思われます。ギリシャ問題に加え、韓国・タイなどの地学リスクがどの様に影響するのか注目したいと思います。

欧州時間では、英)小売売上高の発表が予定されています。事前予想は前回より低くなっていますが、プラス圏で推移している事から、下ブレしない限り大きな影響はないと思われます。しかし、ユーロ圏全体の信用不安が依然高まった状態が続いているので、ユーロなどは不安定な動きになるかと思われます。

米国時間では、重要指標の発表予定があります。米)週間新規失業保険申請件数は、前回から若干改善する予想がされていますが、大きな変化は見られないことから相場への影響は限定的だと思われます。フィラデルフィア連銀景況指数は順調に改善し続けている事から、強い米ドルを期待できるかと思われます。しかし、ユーロ/ドルが下落すると株式市場も連動して下落し、クロス円も同様に下落する傾向が見られることから、状況を見届ける必要がありそうです。

手動トラリピ約定状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

仕事が忙しいのがどうにも止まらなくなっています。
4月以降の増産で、パート採用を4月は2名 5月は5名の計画で面接などを行い対応してきまし、6月は新規受注対応で更に5名で計画通り進んでしましたが、新規受注品の情報が出てくる度に増え続け、最新情報だと最低20名の増員と・・・

流石に、広告を出して順調に応募を受けてきましたが、完全に間に合わないので、再度広告で募集して面接地獄になりそうです。

********************************
マネックスFX
取り扱い通貨ペアが12通貨しかありませんが、南アフリカランドも1,000通貨単位でスプレッド5pipsで取引が可能です。ZAR/JPYをスイング&スワップで運用するのにオススメ出来る口座です。
FXは安定したシステムのマネックスFXで
スポンサーサイト

| 為替相場の焦点 | 12:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。