ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SNBの介入警戒感からユーロが底堅く、NYダウは下げ幅を縮小で豪ドル上昇狙えるのかな?

本日発表された豪)雇用統計は、前回発表した数値より悪い予想でしたが、先日発表された豪)ANZ求人広告件数が強い結果が出ていたなどの好条件が揃っていたので、上振れして豪ドル上昇を期待していましたが、雇用者数変化が大幅に減少してしまい、次月の利上げに対する期待感が薄れてしまう結果となってしまいました。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方

また、豪州にとって最大の輸出国で影響力の大きい、中国の消費者物価指数が事前予想を上回る好結果となりましたが、中国経済指標が予想を上回る度に、中国銀行の金融引き締めへの不安が高まり、豪ドルは上値が重い状態が続いています。唯一の望みが、BOE(英中銀)がインフレ態度調査で「向こう12ヶ月のインフレ期待、2.5%と2008年以来最高」とした事で、下落し続けていたポンドが値を戻している事ですかね・・・

豪ドル円 4時間平均足チャート

100311C1.jpg
4時間平均足では、売りシグナルから買いシグナルへと変わり、83円まで値を戻してきました。基準線から乖離しているのが気になりますが、転換線がサポートしながら上昇しており、高値更新を目指す展開が期待できそうです。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

100311C2.jpg
日足平均足は、順調に買いシグナルが継続し続け、完全に雲の上へと飛び出してきました。転換線も雲を突き抜け、基準線も上向きに推移し始めており、84円台も期待できる展開になっています。

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

現在の手動トラリピ設定状況
100311T.jpg

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

昨晩の米国時間にクロス円が吹き上がったことで、順張りロングトラップが3回転しましたが、豪)雇用統計が事前予想より悪かった事で、一時的に豪ドル売りとなりショートトラップが始動し始めましたが、結果的に一度も決済益を稼ぐことなく損切りしてしまいました。
現在、順張りロングトラップを追加して円安を期待していますが、決済レートまであと一歩のところで足踏み状態が続いています。

ポジション状況
100311.jpg

色々と運用方法を検討していますが、ショート・ロングの切り替え方法が定まらずショートの損切りする事が多くあります。現在のショートトラップの設定は、急落する時にはかなり有効な方法なんですが、思い通りの展開にならず損切りを繰り返す事が多くて困っています。

********************************
FOREX Trader
ペグ通貨EURDKKの取引がレバレッジ200倍が可能!超低リスクで金利生活が~
ForexTraderなら、ペグ通貨として一世を風靡したEURDKKをレバレッジ200倍で運用可能で、期間限定で取引量に合わせたキャッシュバックキャンペーンも実施されています。ハイレバレッジで安定したスワップを稼ぐならこの口座がお勧めです。

スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 21:41 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豪州・NZの経済指標が悪化し、好調な中国の経済指標で金融引き締めを警戒する動きとなり豪ドルが軟調に推移、日銀の量的緩和へ期待するも・・・

昨日の米国時間は、中国の貿易収支が予想を上回る結果が出たことで、世界経済が回復傾向にあるとの思惑や、日銀が来週金融政策の緩和に傾いているとの噂が材料視され、ドル円・クロス円が上昇する展開となりました。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

しかし、RBNZ(NZ準備銀)政策金利発表後の声明でボラードRBNZ(NZ準備銀)総裁が「国内経済の回復は遅い」とNZ国内の経済に対し悲観的な見方を示した事や、豪)雇用統計が6ヶ月連続でプラスで推移しているものの、事前予想を大きく下回る結果が出たり、中国の経済指標が軒並み前回より好結果が出る結果となったものの、追加の金融引き締めを警戒する動きからリスク回避の動きとなるなど、想定していた動きと違い、円高に進んでいます。

本日の重要指標

時間

件名

19:00ECB月例報告
22:00SNB(スイス国立銀行)政策金利発表
22:30第4四半期設備稼働率
 新築住宅価格指数
 貿易収支
 貿易収支
 週間新規失業保険申請件数
27:0030年債入札
28:00ダドリーNY連銀総裁の発言
28:05カーニーBOC総裁の発言
06:45NZ小売売上高指数

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、オセアニアや中国の経済指標の発表が全て終了し、午後からの発表予定はありません。日経平均は円安の流れから輸出企業を中心に買われる展開となり反発をしていますが、上海・香港の株式市場は軟調に推移している事から、厳しい展開が予想されます。しかし、日銀の金融緩和の噂で底堅く推移している事もあり、大きく下げる事はないと考えています。

欧州時間では、SNB(スイス国立銀行)政策金利発表が予定されています。事前予想は前回同様に0.25%据え置き予想となっていますが、昨年秋から声明にスイス高を牽制する発言が出ている事から、今回も同じような声明が出されるかが焦点となります。仮に通貨高に対するコメントを弱めた場合、スイスフランが上昇しユーロが下落する可能性がある事から、十分注意が必要です。

米国時間では、米)貿易収支の発表が予定されています。事前予想は赤字幅が拡大する予想となっていますが、変動幅が微妙なので予想通りで反応するかどうかが分かりません。

手動トラリピ運用状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

昨晩、豪ドルが83.3円まで上昇した事で、2月の駄ポジを、全て決済し口座資金が潤いポジション数を減らす事が出来ましたが、その後はジワジワと円高に進んでしまい気がつけば、高値から1円近く下落しショートヘッジが3口始動してしまいました。もう少し下げれば回転し始めますが、なかなか割り込むことなく底堅いので上手く利益に繋がらないと思っています。
問題は、順張りロングを引き下げるタイミングですね・・・

********************************
テクニカル分析が苦手な方に朗報
リアルタイム情報サイトFXライブ
代表的な6種類のテクニカル指標分析に基づき計算された14通貨ペアの売買シグナルを配信し、画像と音声で24時間リアルタイム表示するなど取引タイミングを逃しません。また、キャッシュバックに上限がないのも魅力的ですね!

 

| 為替相場の焦点 | 12:57 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。