ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NYダウ先物が下げ幅を縮小してきており、豪ドル高値追いの展開が再開するのか?

折角、米国時間に上昇し82円中盤まで上昇していた豪ドルは、予定外のFRB(連邦準備制度理事会)による公定歩合引き上げを受け、主要国通貨に対し米ドルが強くなりドルストレートが急落しクロス円も軟調に推移する事となりました。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方

先日発表されたRBA(豪準備銀)議事録では、『2月の金利据え置きの決定は均衡していた』との内容だった事で、利上げ期待感が高まっていた豪ドルは、オセアニア時間にスティーブンスRBA(豪準備銀)総裁の講演で後押しするような内容が出るかと期待していましたが、表現が弱かった事が嫌気され上昇の勢いをなくしてしまいました。

豪ドル円 4時間平均足
100219C1.jpg 100219C2.jpg

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

4時間平均足は、81円中盤で推移する転換線で下げ渋り、勢いがないながらもジワジワと値を戻し始め82円手前まで値を戻し平均足が買いシグナルに戻ってきました。このまま、82円を超える事が出来れば83円を目指す展開も期待できるかも知れませんね!

日足平均足は、買いシグナルが継続しており、この状態を維持する事が出来れば転換線と基準線の位置が逆転する事も期待出来そうです。昨日の様に米国時間から円安方向へ動き82円台で、今週の相場を終えて週明けの相場に続けて行きたいですね。

<**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

手動トラップ決済状況
100219T.jpg

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

スティーブンスRBA(豪準備銀)総裁が、豪ドルを後押しして83円を目指す展開になると勝手に思い込み、82.3円で駄ポジを仕込み、82.6円まで下落した所で駄ポジj救済をする為に、狭いレンジの順張りトラップで、さらに駄ポジを増やしてしまう結果に・・・・
今晩のアメリカの経済指標後の動きを見て駄ポジを片付けて、今週の取引を終えたいと思っています。

現在の設定状況(順張り)
ロング  新規:82.6円~(20pips幅)  決済:82.50円~(50pips)
ショート 新規:~81.5円~(10pips幅) 決済:~80.2円(30pips)

ポジション状況
保有ポジ L : 4,000通貨 
含み損益  6,331円(80.337円)
平均単価 L:78.797円 

日本時間から欧州時間に掛けて、100ドル近く下落していたNYダウ先物が下げ幅を縮小してきた事で、ドル円・クロス円ともに値を戻し始めていますが、原油先物はジワジワ下げてきており、今晩の米国時間は難しい動きをしそうです。明日は、決算前の増産で休日出勤となっているので、いつも通り日付が変わる前後で寝るつもりなので、米)消費者物価指数で勝負を決めて駄ポジ決済させて貰いたいです。

********************************
フォレックス・ドットコムMT4
手数料無料で1,000通貨単位で取引出来るのは当然!メタエディターでトラリピ売買も可能!!
エキスパートアドバイザー(EA)を作り、市場分析・注文発注・自動売買までの一連のプログラムを組むことができます。プログラム次第で自動リピートイフダン取引が手数料無料で行える一番HOTな業者となっています。

フォレックス・ドットコムMT4
スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 21:07 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スティーブンスRBA総裁の利上げについて弱気な発言をしたことで豪ドルが若干弱くなり、FRBの公定歩合引き上げも悪影響。週末相場はどうなる事やら・・・

昨日は、IMF(国際通貨基金)が「近く、市場での金売却を開始する」表明した事が引き金となり金価格が下落し、その影響から資源国通貨の豪ドルが売られ始め、米)新規失業保険申請件数が事前予想から悪化した事を受け、リスク回避の動きへと流れ始め、リスクヘッジのショートが上手く回転するか検証できるかと思いましたが戻してしまい、資金を減らす結果となりました。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

今朝、FRB(連邦準備制度理事会)が、公定歩合を従来の0.50%から0.25%引き上げ0.75%に19日から変更する事を発表したことを受けて、各国通貨に対し米ドルの買戻しが始まり、ドルが92円まで買われる事となりました。クロス円はドルストレートの下落で上値が重く反応は限定的で終わり、自分の中では期待していた豪)スティーブンスRBA総裁の講演は、利上げに対し弱い内容だったため、豪ドルの流れが逆に進んでしまいました。

本日の重要指標

時間

件名

13:30全産業活動指数
14:00金融経済月報
16:00生産者物価指数
17:30製造業PMI
 サービス業PMI
18:00製造業PMI
 サービス業PMI
 経常収支
18:30小売売上高
21:30ゴンザレス・パラモECB理事の講演
22:00ダドリーNY連銀総裁の講演
22:30景気先行指標指数
小売売上高
 消費者物価指数
26:00ピアナルト・クリーブランド連銀総裁の講演

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、経済指標の発表が予定されてはいるものの、為替相場に影響は限定的である事から、株式市場に左右される展開が予想されます。日経平均をはじめとするアジア株式市場は、FRBの公定歩合引き上げの影響から大きく値を下げており、今後の動向を注意する必要がありそうです。

欧州時間では、多くの経済指標が予定されています。英)小売売上高の事前予想は、前回から悪化しマイナス予想となっている事から、結果が大きく上振れしない限りポンド売りの流れになる事が予想されます。また、連日上昇してきた欧州株式もアジア株式市場の下落の影響を受ける事が予想される事から、厳しい状況になる事が予想されます。

米国時間では、米)消費者物価指数が予定されています。事前予想は前回の結果から僅かながら改善されている事から問題ないと思いますが、FRBの公定歩合引き上げの影響でNYダウなどの下落も予想され、一時的にクロス円は下落する可能性が高いような気がしています。


手動トラリピ約定状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

昨日は、ショートヘッジを上手く回転させる事が出来ずに損きりする結果に終わりましたが、3個目のショートトラップをポジった直後に、81.6~ 30pipsの順張りロングが回転し、損きりした殆どを回収する事が出来ました。含み益の増減があるものの、何とか決済益を維持し続ける事が出来ているので問題はありませんが、ショートヘッジの取り扱いについて早急に見直しをする必要がありそうです。

現在の設定状況(順張り)
ロング  新規:82.6円~(20pips幅)  決済:82.5円~(50pips)
ショート 新規:~81.5円~(10pips幅) 決済:~80.2円(30pips)

*************************************
三京証券 オクトFX
売買シグナル系システムのシグナルティーチャーや、未来を予想するサキヨミチャート、100種類以上のテクニカル指標を搭載しているウルトラチャートなど、初心者からベテランまで使える4つの最先端トレードツールを完備しています。

| 手動トリピ運用記録 | 12:56 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。