ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギリシャ財政懸念の情報で一喜一憂する為替相場!豪ドルは、明日の豪)雇用統計を控え期待が~

年末から燻り続けているギリシャ財政懸念に対する、ユーロから発信される情報で為替相場が振り回されながらも、ドル円・クロス円ともに値を戻していましたが、欧州諸国の問題で忘れかけていたドバイ問題について、「ドバイワールドは220億ドルの債務凍結を今月要請へ」との報道が出てきた事で、一時リスク回避の動きに傾くなど、相変わらず不安定な相場となっています。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方

先程発表されたBOE(英中銀)四半期インフレ報告で、GDP見通しを下方修正した事や、キングBOE(英中銀)総裁の講演で『資産買取りを必要しないと結論付けるのはまだ早すぎる』と発言で、量的緩和が続くとの思惑からポンドが急落してしまいました。他の通貨への影響は限定的なので心配していませんが、ネガティブなニュースが続くようだと、影響してくるかも・・・・

豪ドル円 4時間平均足チャート
100210C1.jpg   100210C2.jpg


■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

4時間平均足は、79円台まで上昇した事もあり、立て続けに買いシグナルが続き、転換線も上昇してきた事で急激に基準線との乖離幅を縮小し、もう一段上げると入れ替わりそうな勢いとなっていますが、徐々に下げてきた雲が目前に迫ってきている事や、遅行スパンがロウソクに接近してきている事もあり、ここからが正念場だと思います。

日足平均足は、完全に買いシグナルとなったので、10月からの状況から変化していなければ、しばらく買いシグナルが続きそうな気がしています。上手く流れに乗ってくれれば良いのですが・・・・

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

現在の手動トラリピ設定状況
100210T.jpg

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

今週は、トラップを設定せずに反省するつもりでしたが、約定メールが来ない状態が寂しくて買い上がりトラップで遊び始めました。未だギリシャを始めとする欧州諸国の財政懸念についての情報で一喜一憂する状況が続いており、買い下がりトラップを仕掛けるには至っていません。

ポジション状況
保有ポジ L : 5,000通貨 
含み損益  2,2199円(78.630円)
平均単価 L:78.190円 

今後の運用方針も徐々に固まりつつありますが、等間隔で設定し続ける逆張りトラップでは、豊富な資金力とドバイショックやギリシャ財政懸念による急激な円高にならない状態が続けば問題がありませんが、ポジション過多で苦しい状態になるので、逆張りトラップの使い方を検討しています。もちろん、リーマンクラスの豪ドル100円→55円まで下落すると厳しくなりますが・・・

どこまで、まとめる事が出来るか分かりませんが、週末に図解付きで説明したいと思っています。

********************************
フォレックス・ドットコムMT4
手数料無料で1,000通貨単位で取引出来るのは当然!メタエディターでトラリピ売買も可能!!
エキスパートアドバイザー(EA)を作り、市場分析・注文発注・自動売買までの一連のプログラムを組むことができます。プログラム次第で自動リピートイフダン取引が手数料無料で行える一番HOTな業者となっています。

フォレックス・ドットコムMT4
スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 21:06 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギリシャ財政懸念が払拭するのか?豪ドル利上げの期待も高まり値を戻す展開に繋がるのか?

昨日は、長期に渡り燻り続けているギリシャ財政懸念について、ドイツの救済案や11日に開催されるEU首脳会談などへの期待感から、リスク選好の動きへと繋がり欧州・アメリカなどの株式市場が大きく上昇し、ドル円・クロス円も値を戻しました。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

その後も、日経平均を始めとしたアジア株式市場も堅調に推移し、米ドルが90円台/豪ドルが79円台まで回復する場面も見られましたが、利益確定売りに押され少々円高に進んでいます。また、スティーブンスRBA(豪準備銀)総裁による「低金利を過度に続ける事は、バブルに繋がる可能性ある」との発言を受け、利上げへの期待感が高まってきているなど、少しは悲壮感が漂う相場から改善してきているのかな?とも思えます。

本日の重要指標

時間

件名

18:30鉱工業生産
 製造業生産高
19:30BOE四半期インフレレポート
 キングBOE総裁の講演
21:00MBA住宅ローン申請指数
22:30貿易収支
 貿易収支
23:30タルーロFRB理事の議会証言
24:00バーナンキFRB議長の議会証言
24:30週間原油在庫
26:45プロッサーフィラデルフィア連銀総裁の講演
27:0010年債入札
28:00財政収支

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、日・豪の経済指標の発表も終了しており経済指標の予定はありません。日経平均は昨日のNYダウが100ドルを越す上昇を見せた事から1万円を回復する所まで上昇してきましたが、そこから買いあがるだけの材料ではなく、現状維持+α程度で終わると思っています。為替相場は材料視されているギリシャ絡みの最新ニュースは欧州時間にならないと出てこない事から、積極的に買いあがることはないと思っています。

欧州時間では、英)鉱工業生産の発表が予定されています。事前予想は前回から悪化しているもののプラス圏で推移している事から、予想通りなら問題はないと思います。また、ギリシャ問題への支援策について何らかのコメントが出てくると、リスク選好の動きに繋がる事も予想される事から、急激な状況変化には気を付ける必要がありそうです。

米国時間では、数多くの経済指標の予定があります。米)貿易収支の事前予想は、前回から改善されており、景気回復を期待からリスク選好への動きを期待できそうですが、今週はギリシャ問題への注目度が高く、あまり期待しない方が良いかも知れませんね。

手動トラリピ運用状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

今週はトラリピ休業をする予定でしたが、あまりにも退屈すぎるので、買い上がりトラップのみを仕掛けています。
資金を追加していないので、76円割れで危機的状況になりますが、残金も殆ど残っていないので、今週はこのまま運用をし色々な意味でTRYをしたいと思います。

新規:2件 決済:2件 合計:4件(+1,000円)

週末の強制決済から色々と考えていましたが、今後の運用方法について条件つきながら固まりつつあるので、今週末までに発表したいと思います。
最終的に行き着いたのは、『口座残高に対しての過剰ポジションをどう押さえるか』となりました(笑)
同じ事をクルクル回しているだけのような気がします(笑)

********************************
テクニカル分析が苦手な方に朗報
リアルタイム情報サイトFXライブ
代表的な6種類のテクニカル指標分析に基づき計算された14通貨ペアの売買シグナルを配信し、画像と音声で24時間リアルタイム表示するなど取引タイミングを逃しません。また、キャッシュバックに上限がないのも魅力的ですね!

| 為替相場の焦点 | 13:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。