ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

燻り続ける欧州問題で上値が重く方向感のない為替相場・・・ 先週末の強制決済の検証No.1

欧州時間に入り、NYダウ先物や欧州株式市場がプラス圏で推移していた事や、原油先物・金先物が大きく値を戻した事で、ドル円・クロス円が上昇し本日高値を付けたものの、徐々に上値を切り下げてきた事でドル円・クロス円も値を下げる展開となっています。なんとか、本日の安値を下回らず維持をしています。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方

しかし、ギリシャ問題から端を発した欧州諸国の財政懸念や、旧正月明けにも実施される可能性がある中国の預金準備率引き上げなど、多くの問題が燻っている事から、未だ上値が重い展開が続くと思われます。早くても本格的に値を戻すのは、中国が旧正月連休明けの2月22日以降だと思っています。

豪ドル円 4時間平均足
100208C1.jpg    100208C2.jpg


■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

4時間平均足では、買いシグナルが連続して出ていますが、勢いを感じるまでには至っていません。86円から下落し続けてきている間、上値を抑えられている基準線を超えて、転換線・基準線が上向きにならない事には、本格気な戻しを期待するのは厳しいかも知れませんね。しかし、過去の値動きを見てみると、大きな下髭が連続すると戻す傾向があり、76円前半での2本の下髭がどれだけ機能するかが見ものです。

日足平均足は、見るも無残なチャートとなっています。76円台は、ドバイショックなどで跳ね返しているのでサポートする事を期待していますが、今回は戻しもかなり鈍く期待するのは酷かも知れませんね。

<**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

強制決済についての検証

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

2月8日(金)に77円割れになった事で強制決済になってしまいましたが、資金管理が出来ていなかったのが一番の要因です。では、なぜ想定レンジを76円~85円で設定していたにも関わらず、強制決済になったのでしょうか?

年末の79円から86円まで上昇し買い上がりトラップが回転し続け利益を出していました。その後、ジリジリと86円から下げ売り下がりトラップが回転し計算通りの動きをした訳ですが、同時に買い下がりトラップでロングポジションを増やし続けていました。年末に計画したルールでは、83円以上のロングポジションは下回った時に損切りするというルールを守らずに、80円まで買い下がりポジションを持ち続けました。

その為、ポジション過多の状態となり強制決済のポイントが高くなってしまいました。


今日のまとめ

・ 資金に余裕がある段階で、過剰ポジションの整理などを行う。

・ 資金管理計画に基づくルールを確実に守る。

・ 口座資金に合わせたポジション数で管理する。

※ ブログ紹介は、しばらく休止します。
********************************
フォレックス・ドットコムMT4
手数料無料で1,000通貨単位で取引出来るのは当然!メタエディターでトラリピ売買も可能!!
エキスパートアドバイザー(EA)を作り、市場分析・注文発注・自動売買までの一連のプログラムを組むことができます。プログラム次第で自動リピートイフダン取引が手数料無料で行える一番HOTな業者となっています。

フォレックス・ドットコムMT4
スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 21:47 | comments:29 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BIGイベント雇用統計が終わり、材料難から方向感を失った為替相場!反転材料が出てくるには・・・

先週末の米)雇用統計は失業率こそ低下をし2桁を割り込みましたが、その他の指標が思っていたほどの結果が出なかった事で、日本円が売られる結果となりました。流石に、週末だった事やG7が控えていた事もあり、ポジション調整の動きで値を戻して終わりましたが、まだまだ、下値を探る展開に繋がる可能性はありそうな値動きとなっています。

週明けの為替相場は、BIGイベントも終わり特に目立った材料もない事から、方向感が乏しい展開となっています。日経平均もなんとか下げ止まり1万円まで回復しており、次の材料が出るまでは大きな動きは見られないかと思われます。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

本日の重要指標

時間

件名

13:30企業倒産件数
14:00景気ウォッチャー調査
15:45失業率
17:15実質小売売上高
22:15住宅着工件数
27:00デュゲイBOC副総裁の講演


**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、日)景気ウォッチャー調査などが予定されていますが、為替相場に影響はなく方向感のない動きが続くと思われます。日経平均も大人しく推移している事から、急激な状況変化はないと思われますが、中国などからの突発的ニュースには十分注意が必要かと思われます。

欧州時間では、ス)失業率の発表がありまますが、大きく予想を乖離しない限りは相場への影響は限定的になると思われます。しかし、ギリシャ財政懸念に対し依然不透明な部分が多く、ポルトガルやスペインなどの欧州諸国にも拡がりつつあることから、一筋縄でリスク選好の日本円売りの流れにはならないと思います。

米国時間では、加)住宅着工件数の予定があるものの、アメリカの経済指標は予定がなく、NYダウなどの株式市場に左右される展開が続くと思われます。

今週は、豪州の雇用統計と中国の経済指標が予定されていますが、為替相場全体的な動きを左右させるような指標はない事から、大きく状況が変化する事を期待するのは厳しいのかも知れませんね・・・・

手動トラリピ約定状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

調子に乗ってポジションを増やしすぎた事による、強制決済を喰らってしまい意気消沈気味ですが、残った資金だけでボチボチ取引を繰り返し、来週から徐々に運用を再開したいと思います。

今回の強制決済は、資金管理が甘かったのが要因なのは間違いない訳ですが・・・
湯水の如く湧き出てくるほど資金があるわけでもないので、ポジション取りの方法などを検証してみたいと思います。
中国の旧正月がひとつのポイントとなると思うので、1~2週間で方向性が出ればと考えています。

*************************************
三京証券 オクトFX
売買シグナル系システムのシグナルティーチャーや、未来を予想するサキヨミチャート、100種類以上のテクニカル指標を搭載しているウルトラチャートなど、初心者からベテランまで使える4つの最先端トレードツールを完備しています。

| 為替相場の焦点 | 12:51 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みなさん ご迷惑おかけしました。

今回は、ブログ村のランキングが、かなり上位になってしまい。
ユニークアクセスが600件を超えるなど注目度が高くなり、天狗になった所での失態なので・・・

かなり責任を感じて、ブログから離れようかと思いましたが、逆ですよね(-_-;)

責任を感じているなら、ちゃんと分析をして、どこがどう駄目だったのか説明する責任があると思います。一応、お昼の更新は通常通り行い、夜の更新から反省や今後の対応方法を書き込みたいと思います。

また、色々とお世話になっているブログ仲間の方にも、暖かいコメントありがとうございました。

| 為替相場の焦点 | 06:28 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。