ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

RBA利上げ見送りで失望売りとなってしまった豪ドル!この窮地を上手く乗り切る事が出来るのか?

昨日のアメリカのISM製造業景況指数が予想より強い結果となった事で、リスク選好の動きが強まりNYダウなどの株式市場や原油先物などの商品価格などが急騰しドル円・クロス円も上昇するなど、窓を開けて急落した事から考えると、安堵感が広がっていました。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方

本日の日本時間前場までは、米国時間の流れを引き継ぎ円安の流れに傾き安心していましたが、コンサルティング会社から事前に『RBA(豪準備銀)が次回会合(2月2日)での利上げを見送るのでは?』と指摘がされていた通りとなり急落する結果に・・・

状況的に、円高が進み80円台まで下落し割安感がありましたが、利上げを70%近く織り込んでいた事や、利上げ見送りを指摘されていた事を考えると、ヘッジ売りがBESTだったのかも知れませんが、国内景気が好調で原油価格も上昇している事や、RBA(豪準備銀)の声明で利上げ打ち止めなど織り込まなかったので、大きく割り込む事はないと信じています。(この考えが一番危険ののですが・・・・)

豪ドル円 4時間平均足チャート
100202C1.jpg   100202C2.jpg

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

4時間平均足は、昨晩からの上昇で転換線・基準線を突き抜けて上昇していたものの、豪キャッシュターゲットで叩き落とされる結果となりました。遅行スパンも突き抜ける手前で失速している事を考えると、まだまだ反発するには至りませんが、週明けの窓開け安値に対し余裕を持った位置で戻しており、底堅く推移するような気がします。

日足平均足では、昨日雲の下から顔を出したものの。上げてきている先行スパンに押し上げられる様に値を戻し、今日の平均足では買いシグナルが出てきています。日足平均足が買いシグナルとなると続く傾向があり、今日の終値で80円を超えて終わる事が出来れば、少しの間戻す可能性がありそうだと思います。

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

現在の手動トラリピ設定状況
100202T.jpg

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

おバカな貧乏おやじは、豪ドルは戻すと思い、ヘッジ用のショートトラップを約定する度に何度も損切りを繰返し、利益を減らす結果に・・・

自分が何をやっているのか全く分からなくなってしまったので、もう一度初心に戻り計画を練り直したいと思います。今晩のアメリカの住宅指標が先週同様に好調な結果が出て、上手く円安の流れになって貰いたいものです。

ポジション状況

保有ポジ L : 27,000通貨 
含み損益 -79,635円(79.752円)
平均単価 L:82.699円 

参考ブログ ファイルNo.1
美味しいスワップの受け取り方
~リスク管理、資金管理中心で利益を出していこうと言うブログです。読んだら投資前に理論で理解できる様に書いていきたいです。

自分が、BIG tomorrow 2月号に掲載された時にも、何とか確認できるレベルで一緒に掲載して頂いたブログです。魚屋さんのブログは、儲かる話ばかりではなく初心者にもリスクを分かりやすく説明するなど、とても良心的なブログとなっています。

今まで、超ハイレバスワップ運用のEURDKKや、高金利通貨のトルコリラ、キャッシュバックキャンペーンでのリスク回避運用など、いままで成功してきた運用方法は全て魚屋さんのブログからパクっている様な状態です(笑)

また、コメントでの質問もさることながら、メールで質問しても親切に対応してくれるので、もしFX運用に悩んだ時は相談してみるのも良いかも知れませんよ。

********************************
フォレックス・ドットコムMT4
手数料無料で1,000通貨単位で取引出来るのは当然!メタエディターでトラリピ売買も可能!!
エキスパートアドバイザー(EA)を作り、市場分析・注文発注・自動売買までの一連のプログラムを組むことができます。プログラム次第で自動リピートイフダン取引が手数料無料で行える一番HOTな業者となっています。

フォレックス・ドットコムMT4
スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 22:18 | comments:30 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豪政策金利据え置き発表で豪ドル急落!声明で、利上げサイクル継続とある事から、今後の経済指標に期待したいところだが・・・

昨日は、開始直後は軟調に推移していたものの、徐々に買戻しが入り値を戻してきたところで、米)ISM製造業景況指数が事前予想で悪化が見込まれていたものの、結果的に事前予想と前回の結果を上回り、アメリカの経済に対する楽観的な見方が広まりリスク選好の日本円売りの流れとなりました。また、資源国通貨は原油価格などの商品価格が急反発をし始めた事もあり、大きく値を上げています。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

本日は、NYダウが100ドルを越す大きく反発した事や円安に進んだ事を受け、日経平均も大きく反発しています。その結果、ドル円・クロス円が堅調に推移していますが、書き込み最中に発表される豪)RBA政策金利発表とその後の声明内容次第で、相場の流れが大きく変化する事が予想されます。
今回は、利上げをかなり織り込んでいるので反応が薄く、利上げ一時休止や据え置きとなると、下落する可能性が高いと思っていますが、裁量取引で81円で2,000通貨を先行購入しました。

本日の重要指標

時間

件名

15:45SECO消費者信頼感
16:00小売売上高指数
18:30建設業PMI
19:00生産者物価指数
24:00中古住宅販売保留
未定フラハティ加財務相の講演
未定ボルカー経済再生諮問会議議長の議会証言
未定ガイトナー財務長官の議会証言


**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、経済指標の発表はない事から、書き込み最中に発表される豪)RBA政策金利発表の内容に左右される展開になると思います。日経平均も堅調に推移している事からドル円・クロス円は堅調に推移するとは思いますが、豪ドルは別物になると思われます。

欧州時間では、経済指標が数回予定されています。独)小売売上高の事前予想は前回発表値から改善し、プラス予想となっている事からユーロの買戻しに期待が高まりますね!

米国時間では、住宅関連の指標が予定されています。月末に発表された住宅関連の指標が大きく予想を上回る好結果となっていた事から、上振れが期待出来ると思います。

手動トラリピ運用状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

書き込んでいる最中に、RBA(豪準備銀)政策金利発表がありご存知の通り、3.75%の据え置きとなりました。
その事により、豪ドルが81円から80円と1円以上下落してしまい、昨晩の上昇分を全て吐き出す結果となってしまいました。先月末から今回利上げしてもかなり織り込んでいることから上昇を期待できなかった事や、事前に利上げ見送りの指摘をしていた事もあり、下落する確率が高かった事はよ~く理解していましたが、頭で考えている事とやっていることと違い、81円ロングと80.1円ヘッジショートを外すなどやってはいけないことをしてしまいました・・・

しかし、「経済が改善すれば、金利はさらに上昇へ」と一番恐れていた利上げ一時休止は免れているのが救いです。考え方次第ですが、今後発表される豪)経済指標の結果次第で再度利上げする可能性が高いので、下落=仕込みチャンスとも取れますね!あとは、下落がどこまでするかが問題です。

********************************
テクニカル分析が苦手な方に朗報
リアルタイム情報サイトFXライブ
代表的な6種類のテクニカル指標分析に基づき計算された14通貨ペアの売買シグナルを配信し、画像と音声で24時間リアルタイム表示するなど取引タイミングを逃しません。また、キャッシュバックに上限がないのも魅力的ですね!

| 為替相場の焦点 | 12:57 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。