ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドル売りで、軟調に推移するクロス円の中でも堅調に推移する豪ドル円!! アメリカの経済指標で再上昇し85円を目指すのか?!

昨日の米国時間から続くドル売りの流れが、日本時間も売られドル円が91円中盤まで下落しました。その影響から、NYダウの上昇で昨年来高値更新をしていた日経平均が円高を警戒し上値が重くなり、クロス円も同様に売られる展開となりました。

クリスマス前後は、豪ドルは市場から相手にされていないかと思うくらい、他の通貨の上昇率に比べ反応が薄かったのに、他のクロス円より底堅推移しています。あまり急激な動きは歓迎できませんが、適度な動きがないとトラップが回転しないので、それはそれで困りものです。

豪ドル円 4時間平均足チャート
100105C1.jpg   100105C2.jpg

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

4時間平均足は売りシグナルが連続しているものの転換線が下支えして、底堅く推移しています。8時間平均足も同様に売りシグナルが出てきたので、下支えしている展開線を割り込むと下落する可能性があり、期待したいと思います。

********************************
応援宜しくお願いします。
皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング
09年マネポケ大賞1次ノミネートに当ブログが入っていたので、無理とは思いつつ助平心で登録しました。どなたか分かりませんが、推薦して頂きありがとうございます。
********************************

手動トラリピ約定状況
100105T.jpg

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

日本時間から始まった、米ドル円中心の円高の流れのおかげで、買い下がりトラップがヒットし続け、ロングポジションを増やす事が出来ました。日本時間の後場から徐々に円安に動き1回転をしたものの、昨日の様な戻りにはならずに、思い通りにトラップが回転してくれません。

ポジション状況
保有ポジ L:3,000通貨 / S : 4,000通貨
含み損益 -15,550円(84.208円/84.244円)
平均単価 L:84.251円 / S : 80.499円

基本的に円安基調なので、ショート過多のポジションでマイナススワップが精神的に苦痛を感じ、含み損も徐々に大きくなってきています。

9月から始めた手動トラップは、月初に多く回転し利益を稼ぐ傾向が続いているので、ペースが遅いような気がしますが、月間目標の月利10%を達成するには、トラップが1.25回/日回転すれば達成するので十分なのでこれ位のペースでトラリピ運用が出来れば十分だと思います。

ただし、買い上がりや売り下がりなどのトラップで回転させるより、レンジ相場で同じレートでトラップが回転してくれた方が相場の動きに一喜一憂せずいられるので、1日1円幅程度のレンジ相場になって回転し続けて貰いたいです。

********************************
FXCMジャパン
らくちんFXは、FX初心者の方やお忙しい方に特にお勧めしたい自動売買システムです。1万通貨単位の取引に必要な証拠金は全通貨ペア一律2万と、資金効率性が高い商品設計となっています。また、TSタイトは10万通貨単位ながら最小スプレッドがマイナスになるなど取引環境が大きく改善されています。
外国為替のFXCMジャパン
スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 20:47 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意外と底堅く推移している豪ドル円!10月高値の85.32円を目指す展開になるのか?

昨日の米国時間に発表された米)ISM製造業景況指数が、事前予想を上回る好結果が出たものの発表直前に大幅に上昇するのでは?との噂が広まり、その失望感で米ドルが売られ始め、その後、デュークFRB理事が「経済状況は、低金利が長期間(for extended period)続く事を正当化」とコメントした事も後押しし、米ドル円が下落しつられるようにクロス円も下落する結果となりました。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

株式相場は、昨日のNYダウが昨年来高値を更新するなど、堅調な推移をしている事もあり、日経平均も昨年来高値を更新し100円以上も上昇を見せています。

本日の重要指標

時間

件名

14:00自動車販売台数
17:55雇用統計
18:30建設業PMI
19:00消費者物価指数
22:00ホーニングカンザスシティ連銀総裁の講演
22:30鉱工業製品価格
 原料価格指数
24:00中古住宅販売保留
 製造業受注指数


********************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

09年マネポケ大賞1次ノミネートに当ブログが入っていたので、無理とは思いつつ助平心で登録しました。どなたか分かりませんが、推薦して頂きありがとうございます。
********************************

日本時間では、材料視される経済指標の予定もない事から、株式市場は堅調に推移している事から、大きく下落する事はないと思われますが現在の軟調に推移する流れから変化はしないと思われます。

欧州時間では、数多くの重要指標が予定されています。独)雇用統計では、失業率は前回と変化はないものの、失業者数は事前予想で増加しているおり、弱気な予想となっています。その後、欧)消費者物価指数が予定され、こちらは事前予想が前回発表値から改善されており、強弱マチマチな結果となっている事から、ユーロを中心に値動きが激しくなるかと思われます。

米国時間では、米)中古住宅販売保留の発表が予定されています。事前予想では、保留率が前回の結果から大幅に改善され減少していることから、住宅市場の底打ち感の期待から米ドルが買われる事も期待できるものの、事前予想から下振れる事になると昨日のような動きも考えられるので、過度の期待はしないほうが良いかも知れませんね・・・

手動トラリピ約定状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

昨晩、豪ドルが84.5円まで上昇した事で、買い上がりトラップが回転し1回確定益を得る事が出来たものの、1回転をした後は足踏み状態が続き、新規・決済ともに約定する事が出来ていません。
ここまでくると、10月に付けた85.32円の高値が視野に入ってきているとともに、下落の心配も十分あることから、トラップの設定をどうしようか悩んでいます。
とりあえず、売り下がりは83.9円~setし、買いあがりは85.0円まで設定はしてあるものの・・・・
あと、80円前後のショートポジをどこまで我慢するかも悩みどころですね。


********************************
クリック証券
松本人志さんのコラボCMで話題になっているクリック証券、話題だけではなくスプレッドが狭く、取引ツールも充実し、キャッシュバックで1万円と、好条件の揃った業者です。

クリック証券

| 為替相場の焦点 | 12:44 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。