ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リスク回避の動きも落ち着き82円手前まで戻した豪ドル円!この後もリスク選好の動きは続くのか?

FOMC後の声明で、ホーニグ・カンザスシティ連銀総裁が米国の低金利政策の長期化に反対した事で、早期利上げ期待で悲壮感が漂っていた為替相場が安定し、本日午前中のオバマ大統領が一般教書演説の内容が好感され、米経済への期待感が高まり、リスク選好の流れへと変化してきました。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方

堅調に推移してきたアジア株式市場に続き、欧州株式市場も上昇している事から為替相場も底堅く推移していますが、NYダウ先物が上昇して始まったものの失速し上昇幅を縮小してきている事から、米国時間の経済指標の結果が気になる所です・・・

豪ドル円 4時間平均足チャート
100128C1.jpg 100128C2.jpg

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

4時間足では、上値を抑えられていた転換線をあっさり突き抜け基準線が上昇しています。少々気になるのが、遅行スパンがロウソクを突き抜けれずに折り返している事と、徐々に下げてきている雲が82円で推移している事ですね・・・
日足は雲の下弦を割らず跳ね返り、雲の上に出てきました。また、遅行スパンもロウソクを割り込むことなく推移しているので、現状維持は出来そうな気がしています。

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

現在の手動トラリピ設定状況
100128T.jpg

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

必死に含み損を抱えながら我慢してきたのが功を奏して、反転し上昇しジワジワ円安に動いてきたおかげで、定期的に約定メールが来る楽しい一日でした。まだ仕込みが沢山残っているので、円安方向に動き続けて貰いたいけど、3歩進んで2歩下がる様な動きでトラップを回転させながら上昇する展開になって貰いたいですね

ポジション状況

保有ポジ L:19,000通貨 
含み損益 -39,078円(81.475円)
平均単価 L:83.532円

今週から検討し始めている手動トラップの設定方法について、未だルールが固まっていませんが説明したいと思います。
【問題点】
1月の高値86円まで上昇した豪ドル円を、ドバイショックでの最安値である76円まで現在の設定(25pips間隔)カバーし続けると、単純に4万通貨(40口)もポジションを持つ事となります。現在の口座資金では、間違いなく耐える事が出来ず強制決済になる計算になります。

【検討案】
① 増え続けるポジションでも耐えきれるように口座資金を追加する。
② トラップ間隔を広げ50pipsに変更し、ポジションの増加を抑制する。

資金を追加して対応するのが簡単ですが、10万円から利益が出る度に資金を抜き続け、利益だけの運用を目指しているので、買い下がりトラップ間隔を25pipsから50pipsに広げてポジションが増えるのを抑える方法に変更します。しかし、トラップ幅を広げると回転数が半分以上下がってしまい、面白みが薄れブログネタが無くなる事に・・・

そこで、適度に下がった時点で買い上がりトラップを順次入れていきたいと思いますが、現在買い上がりトラップの間引き・追加を、どのタイミングで実行するかを検討しています。

参考になる意見があれば、ジャンジャンコメントしてくださいね!

********************************
フォレックス・ドットコムMT4
手数料無料で1,000通貨単位で取引出来るのは当然!メタエディターでトラリピ売買も可能!!
エキスパートアドバイザー(EA)を作り、市場分析・注文発注・自動売買までの一連のプログラムを組むことができます。プログラム次第で自動リピートイフダン取引が手数料無料で行える一番HOTな業者となっています。

フォレックス・ドットコムMT4

| 手動トリピ運用記録 | 21:43 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスク回避の動きが落ち着き円安方向へ傾き始めた為替相場! 豪ドルは急落前の82円前半を超える事が出来るのか?

昨日の米国時間に発表された米)新築住宅販売件数が、事前予想を下回り09年3月以来の低水準になった事から日本円の買い戻される展開となり、豪ドルが80円を割り込む場面が見られましたが、なんとか堪えきる事が出来ました。その後のFOMCの声明は、基本的に変更した部分はありませんでしたが、経済活動に関する表現が前回の「上向き(pick up)→今回「拡大(strengthen)」へと上方修正されたことで、リスク回避の動きが弱まり前日終値近辺で推移していたNYダウも上昇して終わるなど、少し明るい兆しが見られてきました。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

今日の日経平均は、円高の流れが止まった事やアメリカの株価が上昇の影響で、5日ぶりに反発して前場を終了しています。また、豪ドルは81円台まで値を戻し昨日の高値を越えて推移しています。

本日の重要指標

時間

件名

17:55失業率
19:00消費者信頼感
22:30耐久財受注
 週間新規失業保険申請件数
 シカゴ連銀全米活動指数
24:45ガイトナー財務長官の講演
27:007年債入札

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、経済指標の発表予定がない事から、順調に値を戻している株式市場に影響を受ける展開が続くと思われます。先程のオバマ米大統領による一般教書演説ではネガティブな材料は出ていないので安心ですが、昨日から北朝鮮の不穏な動きがニュースとして取り上げられているのが、怖いですね・・・

欧州時間では、独)失業率の発表が予定されています。事前予想は前回発表値から悪化予想が出ており、ユーロ売りの流れになる事も考えられます。

米国時間では、米)耐久財受注の発表が予定されています。耐久財受注自体は前回から改善予想が出ているものの、注目される除輸出用機器はプラス予想ではあるものの前回値から悪化しており、市場の反応がどう出るかの判断が難しいですね。また、米)週間新規失業保険申請件数の事前予想が改善されており、アメリカの雇用情勢の改善が期待され、リスク選好の動きに傾くかも知れませんね。

手動トラリピ約定状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

昨日のブログ更新後に、80円前後のショートポジの決済設定変更をしていたら、成行で損きりしちゃいました(笑)その後、アメリカの住宅指標で下落した時は、お馬鹿なことをしたと後悔していましたが、安値過ぎてなかなか決済されずにマイナススワップが貯まっていたので、丁度良かったと思う事にしました・・・
80円を挟んだ展開が続いていましたが、1円以上値を戻してきた事で仕込んでいたポジションが徐々に決済され、張り詰めた状態から開放されてきました。

新規:1件 決済:5件 合計:5件(+2,500円)

今日は、会社の事務系の一般社員(男・女)をつれて工場見学の案内役をやりましたが、自分の部署ならいざ知らずぷれる・溶接などの設備から作業方法などを説明するのは、あまり理解が出来ていない自分にはハードルが高すぎて疲、ました・・・

********************************
FXCMジャパン
らくちんFXは、FX初心者の方やお忙しい方に特にお勧めしたい自動売買システムです。1万通貨単位の取引に必要な証拠金は全通貨ペア一律2万と、資金効率性が高い商品設計となっています。また、TSタイトは10万通貨単位ながら最小スプレッドがマイナスになるなど取引環境が大きく改善されています。
外国為替のFXCMジャパン

 

| 為替相場の焦点 | 12:59 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次月の利上げ期待も高まり、節目の80円割れを何とか耐え続けている豪ドル!

アジア株式市場が軟調に推移していた事もあり、リスク回避で安全資産である日本円が買い戻され、ドル円・クロス円が軟調に推移する展開が続いてしました。また、北朝鮮による韓国への砲撃で緊張感が高まり、一時的に日本円が買い戻されるなど、ネガティブなニュースしか出てこない状態が続いています。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方

欧州時間に入ると、中国銀行業監督管理委員会の『中国の銀行に対し、新規融資の「適切な」コントロール求める』などの報道が伝えられたものの、今回は特に材料視されずに日本円買いの流れにはなりませんでした。

徐々に悪材料に対し反応をせずに底堅く推移し続け、円安方向に進んで貰いたいものです。

豪ドル円 4時間/日足平均足チャート
100127C1.jpg 100127C2.jpg

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

4時間平均足は、相変わらず売りシグナルが出続け、下げ続けている転換線・基準線に頭を押さえられ、80円を大きく割り込まずに耐え続けていますが、同時に上値を切り下げ厳しい状態が続いています。

日足平均足も同様に売りシグナルが出続けていますが、雲の下限で耐え続け、遅行スパンもろうそく足を割り込まず耐えており、心理的節目である80円を割り込まずに耐えれるのでは?とも思えます。

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

手動トラップ約定状況
100127T.jpg

■トラリピの詳細はこちら トラップリピートイフダン(R)

昨日から80円を割り込まずに耐え続け、一時81円まで値を戻した事で、トラップを回転させる事に成功しましたが、簡単に80円を割り込まず値を戻すと考えているので、80円台でのショートトラップの設定をしていないので、値動きの割に決済益を稼ぐ事が出来ていません。

ポジション状況

保有ポジ L : 24,000通貨 / S:3,000通貨
含み損益 -58,254円(80.570円/80.606円)
平均単価 L:82.940円 / S : 79.999円

本日発表された、豪)消費者物価指数が好結果となった事や、基調インフレ率も強い結果となった事で、一連の政策金利を左右する経済指標が軒並み好結果だった事で、来月2月2日の利上げへ期待感が高まり底堅く推移しているものの、利上げについてはかなりのレベルまで織り込んでおり、発表しても材料出尽くしで売られそうな気がしてきました・・・

今回の円高の流れは、中国の金融引き締めの報道によって景気後退の思惑から各国の株価が下落や原油価格などが下落し、主要貿易相手である豪ドルが売られる展開となっている訳ですが、先程の中国銀行業監督管理委員会の報道にも反応が薄くなっている事から、別の問題が発生しない限り戻していくような気がしています。

豪ドル円が値を戻し、ある程度ロングポジションが整理されてからの話になりますが、トラップの設定方法を見直ししたいと思っています。現在の設定では、ポジション過多となり精神的に疲れてしまうので、もう少しのんびりトラップで対応するつもりです。

設定方法については、機会を見て報告したいとおもいます。


********************************
フォレックス・ドットコムMT4
手数料無料で1,000通貨単位で取引出来るのは当然!メタエディターでトラリピ売買も可能!!
エキスパートアドバイザー(EA)を作り、市場分析・注文発注・自動売買までの一連のプログラムを組むことができます。プログラム次第で自動リピートイフダン取引が手数料無料で行える一番HOTな業者となっています。

フォレックス・ドットコムMT4

| 手動トリピ運用記録 | 21:43 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好調な豪経済指標も、中国問題に続いて北朝鮮の砲撃・・・相次ぐネガティブニュースで上値が重い為替相場!

昨日は、中国の銀行が預金準備率の引き上げるとの報道が出た事で、リスク回避の動きへと傾き、ドル円・クロス円が終日軟調に推移する結果となり、他にも、「日本のソブリン格付け見通しをネガティブに変更」と報じられた事も円買いの流れを後押しする事となりました。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

日本時間になると、豪)第4四半期消費者物価指数が事前予想の2.0%を上回り、基調インフレ率も3.4%と予想(3.25%)よりも強い結果となった事で、次月(2月2日)に予定されているRBA(豪中銀)政策金利発表での利上げ期待が高まり、豪ドル買いの流れに傾きました。

しかし、順調に戻し始めていた為替相場が、北朝鮮が砲撃を行った事で、アジア地域の地学リスクが高まったと押し戻される展開となり、この後の展開が読み辛くなってきました。

本日の重要指標

時間

件名

14:00日銀金融経済月報
18:30センタンスBOE金融委員の講演
20:00CBI流通取引調査
未定消費者物価指数
21:00MBA住宅ローン申請指数
24:00新築住宅販売件数
24:30週間原油在庫
27:005年債入札
28:15FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利
未定ガイトナー財務長官の議会証言
未定オバマ大統領の演説

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、日)日銀金融経済月報の予定があるものの為替相場への影響は少なく、株式市場の動向や、その他の外部要因を意識した展開が続くと思われます。北朝鮮の砲撃に対する続報はないので、一時的な影響で済むと思われますが、中国銀行関連の続報が順次出てきており、状況次第では急激な円高もあるかも知れません。

欧州時間でも、経済指標の予定はありますが為替相場への影響は限定的だと思われます。独)消費者物価指数の事前予想が前回発表値から悪化しマイナス圏となっている事から、ユーロ安の流れを後押しする事も予想されます。

米国時間では、重要指標が数多く予定されています。米)新築住宅販売件数の事前予想は、前回発表値から改善されていますが、減税策による駆け込み需要の反動が要因で先日の中古住宅販売件数が大幅に予想を下回った事もあり、下振れリスクが高いと思われます。また、FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利は、0.25%の据え置き予想通りの発表で落ち着くとは思いますが、その後の声明の中に新たな出口戦略や、金融規制関連を織り込む可能性も高い事から、明日の早朝に為替相場が大きく動く可能性も十分あると思います。

手動トラリピ約定状況

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

豪)第4四半期消費者物価指数で好結果が出たことで豪ドルが上昇し、決済益を稼ぐ事が出来ましたが、上値が重く上手くポジションを減らす所までには至っていません。豪ドルは80円を割り込むことなく何とか維持をしているものの、
次から次へと出てくるネガティブなニュースで徐々に上値を切り下げている事から、80円割れも時間の問題なのかも知れませんね・・・

新規:1回 決済:2回 合計:3回(+1,000円)


*************************************
三京証券 オクトFX
売買シグナル系システムのシグナルティーチャーや、未来を予想するサキヨミチャート、100種類以上のテクニカル指標を搭載しているウルトラチャートなど、初心者からベテランまで使える4つの最先端トレードツールを完備しています。

| 為替相場の焦点 | 12:55 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豪ドルが中国問題で急落しトラップ大回転!ネガティブ材料が多い状態では、戻しも期待出来ないのか?

昨日から、日銀金融政策決定会合や白川日銀総裁記者会見で、追加緩和策が出されるのでは?との憶測からリスク選好の動きへと傾き始め、豪ドルが82円超えまで順調に上昇していましたが、『中国の銀行関係筋が一部の中国の銀行が預金準備率の引き上げ指示受ける』と報じられた事で、それまで円売りの流れで推移していた為替相場は波が引くように資金が逆流し、発表直後から欧州時間までに豪ドルは2円以上下落してしまいました。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方

特に、豪ドルにとって最大の貿易国である中国の経済回復の遅れは豪経済にとって影響力が高く、原油価格などへの影響が大きい事から、豪ドル売りを後押しする結果となっています。

また、日銀政策決定会合後の白川日銀総裁の記者会見では、期待されていた追加金融緩和を示唆する内容はではなく、期待外れで終わった事も円高の後押しをする結果となりました。

豪ドル円 4時間平均足チャート
100126C1.jpg    100127C2.jpg

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

昨日の4時間平均足は、弱いながらも買いシグナルが続き上昇していきましたが、結局、先週末に超えれなかった82.4円で推移する4時間基準線で跳ね返り下落する事となりました。かなり調子よく上昇していたので反転したのは中国問題なのですが、実際はどうなっていたのでしょうね?

日足では、基準線は未だ上昇しているものの、転換線と基準線がデットクロスで入れ替わり、遅行スパンは雲を下抜け、ろうそく足は雲の下限から顔を出すなど、下落サインが沢山灯りそうです・・・・

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

現在の手動トラリピ設定状況
100127T.jpg

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

今日は、上下に激しい動きとなった事から、売り買いトラップが回転して決済益を稼ぐ事が出来ました。

しかし、ポジションがショート過多となっている状態で、ショートトラップを仕掛ける勇気もなく中国問題での急落で上手く決済益を取れなかった事や、今まで苦しめられていたショート駄ポジが含み益に変わり、急落準備万端で逆指し値を出して会議に参加しましたが、16:00前後の急上昇で決済されてしまい、結果的には美味しい思いは出来ませんでした・・・

ポジション状況

保有ポジ L : 24,000通貨 / S:3,000通貨
含み損益 -63,592円(80.334円/80.370円)
平均単価 L:82.940円 / S : 79.999円

鳩山首相が円高について『今すぐ何らかの対策を講じるつもりはない』と発言した事で一瞬円高に傾いたものの、とりあえずリスク回避的な動きも落ち着き徐々に値を戻しています。

しかし、原油価格は1ドル以上も下落し74.ドル中盤で推移し、NYダウ先物の下落しており、未だ安心できる状態ではなく、豪ドルが80円割れをすると79円まで一気に行きそうなので、安心して寝る事が出来なさそうです(-_-;)

********************************
フォレックス・ドットコムMT4
手数料無料で1,000通貨単位で取引出来るのは当然!メタエディターでトラリピ売買も可能!!
エキスパートアドバイザー(EA)を作り、市場分析・注文発注・自動売買までの一連のプログラムを組むことができます。プログラム次第で自動リピートイフダン取引が手数料無料で行える一番HOTな業者となっています。

フォレックス・ドットコムMT4

| 手動トリピ運用記録 | 21:05 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国の預金準備率の引き上げ指示で急落した豪ドル円!リスク回避の動きが強まり、週末の安値を割り込むのか?

昨日の米国時間に発表された、米)中古住宅販売件数が事前予想を大きく下回る低水準でしたが、減税策による駆け込み需要の反動が要因との評価から、株式市場に対する影響は限定的で終わってしまい、一時的に反応しドルが90円を割り込む場面が見られたものの、底堅さを印象つける結果となりました。

■投資支援ツールはこちら → 100種類以上のテクニカル指標搭載「ウルトラチャート」

日本時間に入ると、本日予定されている日銀金融政策決定会合などで追加緩和策について何らかのヒントが示されるのでは?との憶測から、引き続き日本円が売られ、豪ドルが82円を超える上昇を見せていたものの、先程「一部の中国の銀行が預金準備率の引き上げ指示受ける、26日実施へ」との噂が出た事で、リスク回避の日本円の買戻し+豪ドル売りの動きが始まり、一瞬にして豪ドルが1円近く下落してしまいました。

本日の重要指標

時間

件名

15:30白川日銀総裁会見
16:00輸入物価指数
18:00IFO景況指数
 経常収支
18:30第4四半期GDP
18:45キングBOE総裁の議会証言
 タッカーBOE副総裁の議会証言
23:00S&P/ケースシラー住宅価格指数
24:00消費者信頼感指数
 住宅価格指数
 リッチモンド連銀製造業指数
27:002年債入札

**************************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ     人気ブログランキングへ     マネポケ金融投資ブログランキング

FXブロードネットで運用している方に、オリジナル集計表をプレゼント!!
右下のメールフォームから連絡してください。
**************************************

日本時間では、先程、日銀は政策金利を発表し予定通りの0.10%で据え置く事を発表しました。昨晩から噂されていた追加緩和策についての言及もなく変化が見られないことや、中国の預金準備率の引き上げなどの影響で、リスク回避の日本円買戻しになると思われます。

トラコミュ   (豪)ドル円、(NZ)ドル円通貨の行方


欧州時間では、重要指標が予定されています。独)IFO景況指数の事前予想が軒並み前回発表値から改善されている事から、ユーロ下落の勢いを弱める事が出来るかも知れません。また、英)第4四半期GDPでは、前回発表値から改善されプラス圏予想がされているので、強いポンドが見られる可能性も!

米国時間では、多くの経済指標の発表予定があります。米)消費者信頼感指数の事前予想は、前回発表値から改善予想がされているものの、大きな変化が見られないことから為替相場への影響は限定的だと思われます。

いずれにせよ、今日一日は中国問題で為替相場が荒れる事になると思われます。

手動トラリピ運用状況

昨晩から再開した、手動トラップがアメリカの住宅指標の一時的な円高でロングトラップを仕込み、午前中までの上昇で全て吐き出す事が出来ましたが、相変わらず先週末のショート駄ポジを決済できずにいます。
中国問題の再燃で、円高に進んだものの未だ含み損を抱えている状態なので、さっさと81円を割り込み逆指値の勝負に変えたいものです。

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

「一部の中国の銀行が預金準備率の引き上げ指示受ける、26日実施へ」との噂で、急激な円高に進みましたが、今年に入り噂で下落するものの、結果的に長続きせずに終わる傾向があるので、もう少し様子をみたいと思います。

********************************
テクニカル分析が苦手な方に朗報
リアルタイム情報サイトFXライブ
代表的な6種類のテクニカル指標分析に基づき計算された14通貨ペアの売買シグナルを配信し、画像と音声で24時間リアルタイム表示するなど取引タイミングを逃しません。また、キャッシュバックに上限がないのも魅力的ですね!

| 為替相場の焦点 | 13:00 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。