ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豪ドル81円回復で一安心!! NY時間の失業保険申請件数で円安確定になるのか!?

ドバイ・ギリシャ問題の影響で悲壮感の漂う相場が続いていましたが、昨日の米国時間にガイトナー米財務長官が「新たな危機に備えるため、TARP(不良資産救済プログラム)を2010年10月まで延長する」と表明した事で反転し、RBNZ(NZ準備銀)は事前予想通り金利据え置きとしたもののその後の声明に、「2010年中頃に利上げの可能性」と早期利上げを期待される内容であったことが好感され、NZドルが急伸しました。

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

日本時間に入ると、豪)雇用統計の発表で事前予想を大きく上回り前回発表値より改善された事で、豪ドル円で1円近く急上昇するなど状況が変化してきました。先日まで売られ続けていたドバイ株式も堅調に推移している事から、今晩中に円高へ反転しないと思っています。

豪ドル円 4時間平均足
091210C.jpg

昨日までの急落で4時間一目均衡表で雲の下に足を出す場面も見られましたが、反転し上昇した事で転換線を超えて基準線が推移する81円台を回復する事が出来ました。遅行スパンも雲を割り込む事なく上昇し始めている事から、もう少し上も狙えそうですが、もう一段上昇しないとジリ安の流れになる可能性もあるので頑張って貰いたいです。
  
********************************
応援宜しくお願いします。
皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ
********************************

手動トラリピ運用状況
091210T.jpg

週明けから色々な問題が発覚し躊躇することなく円高に進んでいた事で、前回の安値手前くらいまで円高が進むのでは?との恐怖心から、80円以下の買い下がりトラップを止めてしまい79円台の美味しい動きで決済益を得る事が出来ませんでした。

ポジション状況
保有ポジ L:10,000通貨
含み損益 -85,748円(80.941円)
平均単価 81.853円

BOE(英中銀)政策金利は事前予想通りの据え置きとなり、資産買い取りプログラムの規模も2000億ポンドに据え置くなどサプライズニュースもなかった事から、為替相場に大きな影響もなく無難に乗り越えてくれました。
この後の米国時間に予定されている、新規失業保険申請件数が事前予想から悪化することなく推移すれば、さらに円安方向へ動き出す可能性もありますし、トリシェECB総裁の講演も控えギリシャ問題に対するコメントが入るとリスク選好の動きが強まる事も考えられる事から、今晩はトラップが回転しそうな予感がしています。

********************************
FXCMジャパン
らくちんFXは、FX初心者の方やお忙しい方に特にお勧めしたい自動売買システムです。1万通貨単位の取引に必要な証拠金は全通貨ペア一律2万と、資金効率性が高い商品設計となっています。また、TSタイトは10万通貨単位ながら最小スプレッドがマイナスになるなど取引環境が大きく改善されています。
外国為替のFXCMジャパン
スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 21:11 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豪)雇用統計の予想以上の結果で豪ドル急上昇!!もう一押しで円安の流れに変わるのか?

先月末に発覚し燻り続けているドバイ問題や、週始めに問題となったギリシャ問題に続き、スペインの格付けを引き下げした事で、欧州通貨を中心に著しいリスク回避の動きとなり、安全資産である日本円が買われる展開になっていましたが、昨晩の米国時間にガイトナー米財務長官が「新たな危機に備えるため、TARP(不良資産救済プログラム)を2010年10月まで延長する」と表明した事が好感され、NYダウが上昇し、円高一辺倒だったドル円・クロス円も下げ止まる結果となりました。

オセアニア時間から日本時間に掛けては、オセアニア通貨が堅調に推移しています。

RBNZ(NZ準備銀)政策金利は据え置きだったものの、その後の声明で「2010年中頃に利上げの可能性」に早期利上げの期待感が高まり、NZドルが堅調に推移した事や、その後発表された豪)雇用統計は前回から悪化するとの予想がされていたものの、予想を大きく上回り前回の結果からも改善されたことで、今月1日のRBA(豪準備銀)声明で出された『労働状況改善の初期兆候がある』を裏付ける結果となった事で、豪ドルが大きく買われる事となりました。

本日の重要指標

時間

件名

16:00卸売物価指数
17:30SNB政策金利
18:00ECB月例報告
21:00BOE政策金利
22:30貿易収支
 貿易収支
 週間新規失業保険申請件数
26:30トリシェECB総裁の講演
27:0030年債入札
27:45デュークFRB理事の講演
28:00月次財政収支

********************************
応援宜しくお願いします。

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるのでクリックしてください。
にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ     人気ブログランキングへ
********************************
日本時間では、豪・NZの重要指標の発表も終わり経済指標の予定もない事から、オセアニア通貨が強い状況に変化はないかと思われますが、依然燻り続けているドバイ問題などの影響で、円高に進む可能性は十分秘めている事から、円高進行の準備は必要かと思われます。

欧州時間では、スイス・英国の政策金利発表が予定されています。どちらの政策金利も据え置き予想となっている事から、相場に与える影響は少ないと考えています。最近変動幅が大きいポンドも、前回のBOE声明で、資産買い取り枠を250億ポンド拡大し3か月で終了する事を表明している事から、今回は変化が見られないと思われますので、株式市場や商品価格の動向に左右される展開になるかと思われます。

米国時間では、数多くの経済指標が予定されています。先週末大きく改善された雇用統計後の米)週間新規失業保険申請件数の事前予想は、多少減少している事から大きく予想を外さない限り、問題はないかと思われます。また、トリシェECB総裁の講演が予定され、ドバイ・ギリシャ問題で急落したユーロに関する内容が盛り込まれると状況に変化が見られるかと思われます。


手動トラリピ口座状況
豪ドル円下値80円までしか仕込んでいなかったので、状況的に決済益が出せないかと思っていましたが、豪)雇用統計で一発逆転で81円手前まで上昇しました。ここから上を狙うには、周りの環境が改善されないと厳しいかと思われます。この辺りでレンジ相場になると良いのだけど・・・

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

新規 1件 決済 3件 合計 4件(1200円)

午後から会議続きで対応が出来ないので、急落だけは勘弁してもらいたいです。

********************************
外為どっとコム
口座数・預かり資産の2部門で5年連続FX業界でNo.1の外為どっとコムは、口座開設で最大1万円のキャッシュバック
また、この冬にシステム変更を行いマネースクウェア・ジャパンのみしか対応していなかったリピート機能が追加される事になりました。特許関係で一部条件が違いますが手数料の設定がない事から、これから注目を集める業者になると思われます。

| 為替相場の焦点 | 12:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。