ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

危機的な円高で豪ドル円も急落!トラップが回転し決済益を稼ぐも・・・

11月に入り円高方向に進み始めたドル円は、今週に入り円高の勢が勢いを増し、95年7月以来となる96円台に突入してしまいました。この危機的状況にも関わらず、問題児の藤井財務相は介入を期待させるようなコメントはなく、ガイトナー米財務長官の『米ドルが強い事が米経済の利益になる』の発言を支持する気持ちは変わっていないと、のんびりしたコメントしか出てきません。代わりに鳩山首相が『財務相中心に何らかの対応との発想は当然』と円高を牽制するコメントを出しましたが、反応がイマイチでドル円・クロス円ともに下げ止まった感が出てきません・・・

豪ドル円 日足平均足+AUDUSD日足平均足
091126C-1.jpg091126C-2.jpg

日足での雲上限小動きとなっていた豪ドル円は、本日の2円近い円高で雲の下限を突き抜け11月2日に付けた79.中盤まで下落し、現在は79円中盤で推移していますが、26週移動平均線/週足一目均衡表・基準線の79.35円のサポートを割り込むと、更に豪ドル円の下落が進む恐れがあります。

もうひとつ不安なのが、AUDUSDやEURAUDでも豪ドルが売られる展開となっており、今までの豪ドル円の流れとは明らかに状況に変化が見られているのも怖い所です。

今週の取引状況表
091126T.jpg
豪ドル円が81円で底堅く推移するもの、日々高値を切り下げてきた事もあり割り込むのも時間の問題かな?とも思っていましたが、AUSUSDが0.93まで上昇するなど豪ドル自体は強く推移していたので、余程の事がなければ、急落はあり得ないと思い売り下がりトラップを設定せずにいましたが、期待に反し急落してくれたせいで、値動きの割に為替差益を稼ぐ事が出来ませんでした・・・

■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

ポジション状況
保有ポジ L:42,000通貨 / S:30,000通貨
含み損益 L:-144,476円(78.480円) / S:38710(79.509円)
平均単価 L:83.048円 /S:80.799円

自分が想定していた以上に豪ドル円が下落した事で、危機的な口座状態になった事で緊急のショートヘッジを入れて生き残りを図りました。この危機的状況から上手く逃げ切りたいですが、急激なドル売りの流れで、リスクヘッジの動きに変わり株式市場や商品市場が下落→リスクヘッジの動きから豪ドルなどの資源国通貨が売られる流れが回転し続けるのだけは、勘弁して貰いたいです。

********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

100位以上を目指して頑張っています。!!
人気ブログランキングへ

********************************

井出さんのブログ『10万円でFXを始めようと思います。』で、みんなで一斉に書こうぜ!という企画で、第1弾の「ドキドキ!初めてのポジ」が大好評でした。

第2弾は09年12月20日(日)に
テーマ 「俺たちのNo.1」 
副題 「こんな生活がしたい」

一斉に書き込みを行う予定で、自分も参加表明しています。

興味のある方は、井出さんのブログの
【為替ブログ企画 第2回】 俺たちのNo.1で参加表明してみてはいかがでしょうか?

********************************
マネースクウェア・ジャパン
複数の指し値注文を設定するだけで自動的に注文を繰り返すリピート機能が付いており、感情に流されることなく機械的に24時間注文をしてくれるから、機会ロスすることなく取引が出来る画期的な『トラップリピートイフダン®』

スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 22:05 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドル円の年初来安値更新で、豪ドル円も急落・・・ どこまで円高は進むのか??

アメリカの低金利政策が続くとの話でドル安傾向に動いている中、先日のFOMC議事録でドル安容認と解釈出来る内容であったことから、ドル売りが顕著となり、ドル円で87円前半と年初来安値を更新するところまで円高が進みました。

豪ドル円は、昨日バッテリーノRBA(豪準備銀)副総裁がらっけんてきな見方を示した事もあり、豪ドル自体は強いものの、ドル円の下落に引きずられる形で、81円の壁を突き破り80円も割れそうな勢いで急落しています。

現在、豪ドル円のポジション比率を逆転させているので、円高進行で利益が出るようになっていますが、果たしてどこまで円高に進むのか、判断が難しいです。

********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

皆さんのご協力で2桁達成しました。ここから上位まで押し上げてください。!!
人気ブログランキングへ

********************************

日本時間では、経済指標もない事から株式市場に期待したいところですが、急激な円高進行で日本の輸出企業の株価も下落する事が想定される事から、期待できないと思われます。あとは、日本政府による為替介入ですが、先程、藤井財務相がコメントしたものの『異常な動きに対しては適切な措置とらなければならない』と、前回と同じような内容でしかないことから緊急介入は期待できないかと思われます。

欧州時間でも、経済指標の予定はあるものの現状を変えることが出来る指標がない事から、自然な反発を期待したいところですが、ドル売り圧力が強くなかなか状況を変えるのは難しいと考えています。

米国時間は、感謝祭で休場となっている事から経済指標の予定はありません。


手動トラリピ状況
豪ドル円が80円手前で足踏み状態で維持しているものの、割り込むのも時間の問題なような気がします。一応、ショートヘッジを立ててこの場を凌ぎ、売り下がりトラップで決済益を稼ぐようにしているものの、とても危険な状態となっています。

今日は約定件数が多く、夜間の更新時にまとめて報告したいと思います。

為替相場の急変対応で、時間がなく書き込み内容が薄くなってしまい申し訳ありません。

********************************
テクニカル分析が苦手な方に朗報
リアルタイム情報サイトFXライブ

代表的な6種類のテクニカル指標分析に基づき計算された14通貨ペアの売買シグナルを配信し、画像と音声で24時間リアルタイム表示するなど取引タイミングを逃しません。また、キャッシュバックに上限がないのも魅力的ですね!

| 為替相場の焦点 | 12:52 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。