ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豪)消費者物価指数を切っ掛けに豪ドル急落・・・円高は止まるのか??

昨晩から期待していた、豪)第3四半期消費者物価指数が予定通り好結果が出て上昇し始め安心して仕事をしていたら、次から次へと約定メールが飛んでくるので再度トラップを仕掛けようとレートを確認してみたら、しばらく見ていなかった程のレートになってる???

豪)消費者物価指数が想定内の好結果で、翌月の利上げまで織り込み済みだった事で利益確定の売りが入っているとの事、でも好結果だから反転してくるだろうと見ていると、次から次へとショートもロングも新規約定し続けていました。

その後、戻した時にヘッジが外れるなど、飛んでもない位の取引量になってしまいました・・・

豪ドル円 4時間平均足
091028C.jpg

やはり、4時間平均足で反転した時は、素直にロングトラップを減らしショート対応に変えないと駄目ですね。一目均衡表でも雲を突き抜けて下落している事から、容易に戻すのは厳しいのかな?と思っています。
ニュースなどで、年内の豪ドル利上げは織り込み済みとの情報が出ていた事を考えると、今回の急落は予定通りの調整と考えるのが無難なんでしょうね!

トラリピ約定状況
091028T.jpg
計画より少々過剰になっていたロングポジションを維持する為に、リスクヘッジのショートが上手く対応出来ずに反転する度に決済され、それを補う対応で異常なくらいの取引回数になってしまいました。

今回の円高に上手く対応出来なかった事もあり、ヘッジトラップの対応方法を再検討する必要がありそうです・・・

ポジション状況
保有ポジ L:30,000通貨
含み損益 -23,447円(82.451円)
平均単価 83.233円

先月75~80円でのレンジ相場だった時に、ヘッジ用ショートの決済で上手く利益を出す事が出来ましたが、今回は戻す度に決済されヘッジ用としても上手く使えず利益を出す事も出来ませんでした。

前回は、ポジション数も少なく手動でリミットを変更して引っ掛からない所にセットする事が出来ましたが、ポジション数が増えると携帯での対応は対応が出来ません。ポジションの絶対数を減らすか、他の方法で対応するかしないと同じような事を繰り返しそうです・・・・

********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

皆さんのご協力で2桁達成しました。ここから上位まで押し上げてください。!!
人気ブログランキングへ

********************************

10月の手動トラリピ運用ルール
今週の手動トラリピ設定

1. 順張り
 1-1 ショート
   ・ 82.8円から20pips幅でIFD注文 決済はトレール50pips設定
     ※ テクニカルをイマイチ理解出来ていないので、
        ピポッド指数サポート①から設定しようかと思っています。

 1-2 ロング
   ・ 10pips幅のIFD注文で30pips決済(現在設定なし)
   ・ 82円前半まで下げた場合、+50pipsから対応予定

2. 逆張り
   ・ 83~84円から10pips幅でIFD注文、決済は+50pips
   ・ 83以下は30pips幅でIFD注文、決済は+50pips


********************************
テクニカル分析が苦手な方に朗報
リアルタイム情報サイトFXライブ

代表的な6種類のテクニカル指標分析に基づき計算された14通貨ペアの売買シグナルを配信し、画像と音声で24時間リアルタイム表示するなど取引タイミングを逃しません。また、キャッシュバックに上限がないのも魅力的ですね!
スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 21:33 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

利益確定の売りに押され堅調だった豪ドルが急落・・・・

昨晩は、事前予想も問題なかったので心配していなかった、米)消費者信頼感指数が予想を大きく割り込みリスク回避の動きが顕著に現れ始め、ドル・円が買われる展開となり、午前中に発表された豪)第3四半期消費者物価指が事前予想より強い結果で上昇したので、昨日からポジションが多くなりすぎていた豪ドル円ロングが決済できると安心していたらリミットに掛からず、利益確定売りに押され急落する展開に・・・・

今週は、調整が始まり円高を覚悟していましたが、豪)第3四半期消費者物価指の発表後の急騰でヘッジがストップに掛かり決済された後の急落だけに、この後の展開の見直しが必要になりそうです。



■トラリピの詳細はこちら → トラップリピートイフダン(R)

本日の重要指標

時間

件名

16:00

輸入物価指数

未定消費者物価指数
20:00MBA住宅ローン申請指数
21:30耐久財受注
23:00新築住宅販売件数
23:30週間原油在庫
26:005年債入札
29:00カーニーBOC総裁の議会証言
 ジェンキンスBOC副総裁の議会証言
翌5:00NZRBNZ政策金利
翌6:45NZ貿易収支
********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

100位以上を目指して頑張っています。!!
人気ブログランキングへ

********************************

日本時間では、午前中に経済指標がありましたが午後からは予定がないので、利益確定の売りやリスク回避の動きでの円高から大きく状況が変わることはないと思っています。目先ドル円が91.2円豪ドル円で83.1円のサポートを割り込まない限りは急落はないかと思っていますが、まとまった売りが入るとストップロスを絡めた急落が始まることも考えられます・・・・

欧州時間では、独)消費者物価指数の発表が予定されています。事前予想は前回発表値より改善されていることから問題がないと思っていますが、円高の流れを変えることが出来るかわかりません。欧州勢が入る時間帯に、もう一度下値を試す動きが見られるかも知れませんね。

米国時間では、数多くの経済指標が予定されています。米)耐久財受注や米)新築住宅販売件数ともに事前予想が前回発表値から改善されていることから、NYダウの上昇→リスク選好の円安が期待できそうですが、本格的な調整が始まったばかりだけに強い結果じゃないと戻りも少ないかも知れませんね。

明日の朝には、NZ)RBNZ政策金利発表が予定されていますが、事前に利上げをしないとコメントしているだけにあまり期待出来ないと思います。


手動トラリピ口座状況
豪ドル円の急落で、ものすごい勢いでポジションが増え続けています。少々過剰にはなっているものの計算どおりの増加ですが、あれだけあった含み益もなくなってしまい精神的に落ち着きがなくなってきました(汗)

決済 2件 新規 16件 合計 18件 (-870円)

豪)第3四半期消費者物価指数の急騰でヘッジポジションが損切りされてしまいました。

現在ポジション
ロング 28ロット / ショート 8ロット 計 36ロット

トルコリラ口座
091028S.jpg
昨晩のカーニーBOC総裁の議会証言で自国通貨高を懸念してカナトルが改善されると思っていましたが、状況が変わらずに終わってしました・・・

円高の影響でトルコ円の状況も悪化してきているので、少々憂鬱な口座となっています。

********************************
マネースクウェア・ジャパン
複数の指し値注文を設定するだけで自動的に注文を繰り返すリピート機能が付いており、感情に流されることなく機械的に24時間注文をしてくれるから、機会ロスすることなく取引が出来る画期的な『トラップリピートイフダン®』

| 為替相場の焦点 | 12:58 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。