ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豪ドルが狭いレンジの動きでも、順調に取引を繰り返す手動トラリピ!

昨晩のBOC(カナダ中銀)の声明で期待通り、自国通貨高を懸念した内容だった事で、堅調に推移していたカナダドルが売られドルが買い戻される展開になり、クロス円はカナダドルにつられるように下げる展開になっていました。

今日は、RBNZのボラード総裁のコメントでオセアニア通貨を中心に買われる場面が見られたものの、上値が終始狭いレンジでの動きをしていましたが、欧州時間に発表されたBOE(英中銀)議事録で『資産買い入れプログラムの規模を1750億ポンドに据え置く』という決定が全員一致だった事が公表された事が好感され、ポンドに買いが集中し急上昇しています。

米国時間に入ると、アメリカ大手企業の決算が予定され好決算が予想されている事から、NYダウの上昇でリスク選好の動きに傾きクロス円がもう一段上昇する事が期待できます。資源国通貨である豪ドルが懸念される事としては、原油先物や金などの商品価格が高値警戒感から下落しており、その影響で上値が重くなる事くらいだと思います。

豪ドル円 4時間平均足
091021C.jpg

今週に入り84円を挟んだ展開が続いている事から、一目均衡表の転換線と基準線の幅が狭くなってきました。そろそろ上げ始めないと下げに転じるかも知れないのかな?
テクニカルには全く疎いので・・・・

トラリピ約定状況
091021T.jpg

昨日、作戦を追加した事もあり狭いレンジでの動きでも適度にトラップが発動し取引を繰り返す事が出来ています。今回の作戦狭いレンジでの対応でしかないので、短期レンジを外れた場合の対策をどうするか検討する必要がありそうです・・・・

トラコミュリピートイフダン研究会(◎´∀`)ノ

ポジション状況
保有ポジ L:15,000通貨
含み損益 +25,630円(83.787円)
平均単価 82.077円

思い通りの展開で確定益が増え続けています。
アメリカの大手企業の決算発表や経済指標の内容次第で動きが激しくなる事が予想されるので、更にトラップが回転しそうな予感がしています。

昨日、魚屋さんのコメントで、長期出金戦略について質問がありました。
こんなに順調に行くとは思わず、全く考えていなかったので、これを期にルールを作ってみました。

毎月末に目標利益以上の利益の半分が1万円を超えた場合に、イーバンクに資金を移動する事します。

複利運用で倍々ゲームだと面白みはありますが、この状況がいつまでも続くとは思えないので、最低でも初期投資分を引きだして負けない取引にするつもりです。


********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

皆さんのご協力で2桁達成しました。ここから上位まで押し上げてください。!!
人気ブログランキングへ

********************************

10月の手動トラリピ運用ルール
今週の手動トラリピ設定

1. 順張り
 1-1 ショート
   ・ 82.8円から20pips幅でIFD注文 決済はトレール50pips設定
     ※ テクニカルをイマイチ理解出来ていないので、
        ピポッド指数サポート①から設定しようかと思っています。

 1-2 ロング
   ・ 10pips幅のIFD注文で30pips決済(現在設定なし)
   ・ 82円前半まで下げた場合、+50pipsから対応予定

2. 逆張り
   ・ 83円から20pips幅でIFD注文、決済は+50pips


********************************
FX・トレード・フィナンシャル

トルコリラを取扱があり業界最高水準のスワップが貰えます。最大の特徴はPCでもモバイルでも高速FXでチャンスを逃すことなく取引が出来き、1か月の取引量に応じてキャッシュバックが付いています。
1ヶ月の取引量に応じて、常時キャッシュバックサービスを導入

スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 20:22 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドルの買戻しで、クロス円が軟調に・・・米国企業の決算で盛り返しなるか?

昨日、90円前半まで下落した米ドル円はBOC(カナダ中銀)政策金利発表後で自国通貨高懸念を声明に織り込んであったことから、ドルの買い戻しの流れとなり91円台に回復しました。それに伴い、ドルストレートのでの下落の影響で、クロス円は軟調に推移するなど、マチマチな動きをしていました。

日本時間に入り、ボラードRBNZ(NZ準備銀)総裁が「NZドルの上昇、必ずしも利上げの障害にならず」と発言したことが好感され、NZドルを中心にオセアニア通貨が上昇する場面も見られましたが、後が続かず失速し、前日の流れに戻ってしましました。

今週に入り豪ドル円は、徐々に安値を切り上げ値幅が狭くなっており、週末位に大きく動きそうな期待をしていますが、上値を追いかける展開は厳しそうな気が・・・・


本日の重要指標

時間

件名

未定オバマ大統領の講演
17:30BOE(英中銀)議事録
19:00CBI製造業受注指数
未定モルガン・スタンレー決算発表
未定ウェルズ・ファーゴ決算発表
20:00MBA住宅ローン申請指数
23:30週間原油在庫
25:00ラッカーリッチモンド連銀総裁の講演
26:00タルーロFRB理事の講演
27:00地区連銀経済報告(ベージュブック)
29:30ローゼングレンボストン連銀総裁の講演


********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

100位以下に逆戻りしてしまいました。応援お願いします。!!
人気ブログランキングへ

********************************

日本時間では、経済指標の予定もなく株式市場に左右される展開になると思われます。日経平均は前日のNYダウの下落などを受け小幅に反落しています。上海総合指数も下落しておりリスク回避の円高に傾く可能性が十分ありそうです。

欧州時間には、BOE(英中銀)議事録の発表があります。試算買取プログラムの規模の据え置きと11月に終了すると声明で発表されており、その内訳について注目され状況次第でポンド買いの流れになることも考えられます。

米国時間では、米)地区連銀経済報告(ベージュブック)が予定されています。報告の内容で景気回復についてと出口戦略について注目されると思われ、その内容が期待通り織り込まれるとリスク選好の動きになることが期待できると思われます。

また、アメリカ大手企業の決算発表が予定されており、先週同様に発表内容次第では大きく動くことも考えられます。


手動トラリピ口座状況
83.5円~84.0円を狭いレンジでの動きしかしないので、なかなか思い通りにトラップが発動しません・・・
新規 5件 決済 2件 合計 7件 (600円)

ドルストレートの下落も落ち着き、豪ドル円も下げ止まりましたが、今日の安値付近で推移しており83.4円を切ると下落スピードが増す可能性もあるので、83.4円からショートトラップを設定しました。

トルコリラ口座状況
091021S.jpg

カナダ中銀による自国通貨高懸念を声明に織り込んでくれたことで、カナトルの状況が少し改善されてきたものの、トルコリラ安の状況には変化がないことから、含み損の状況に変化が見られません・・・
もう一声、欲しいですね(笑)

********************************
業界最高水準の取引環境 ! MJ「Spot Board」!!!

ドル円0.8銭以下、ユーロ円1.3銭固定、ポンド円1.8銭固定など業界最狭水準のスプレッドを設定し、主要国通貨は固定されているので、他社と比べてIFD手動トラリピ運用も有利に取引が可能です。

| 手動トリピ運用記録 | 13:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。