ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

原油価格上昇に伴う資源国通貨買いでの豪ドルが上昇は??

昨日73ドルに乗せた原油先物価格が、欧州時間に入り74ドルへと上昇し資源国通貨が対ドルで買われる展開となっていますが、対円では底堅く推移しているものの期待したほどの動きを見せる事なく、終日狭い動きとなっています・・・

091013G.jpg

対円で反応が薄い資源国通貨ですが、対トルコでは以上な強さを発揮し、CADTRYが1.4134まで上昇しています。ここ数年での最高値を更新する所まで上昇しており、今の勢力を保ったまま上昇しそうな気がしてます。

EURTRYやTRYJPYも期待通りの動きをしていない事もあり、評価損が膨らみ続けているので状況次第で手仕舞いも視野に入れる必要がありそうです・・・

豪ドル円 4時間平均足
091013C.jpg
79円前後から順調に上昇し続けてきた豪ドルですが、流石に上昇する勢いもなくなり停滞してきました。そろそろ反転しそうな気もしていますが、原油価格の上昇などでAUD/USDが一時0.9110まで上昇するなど、資源国通貨買いの展開となっているので大きく下げる事はないと思われます。

トラコミュ
リピートイフダン研究会(◎´∀`)ノ

決済状況
091013T.jpg

昨晩は期待したような動きをせず、上値が重い感じがしていたので、昨日とは違い少々弱気なトラップで挑んだ結果、トラップが思うように回転できませんでした。

米国時間での要人発言やNYダウの動きで動意付き上下どちらかに動く事を期待していますが、果たして・・・

現在のポジション
保有ポジ L:10,000通貨
含み損益 +14136円(81.606円時点)
平均単価 L:80.195円

豪ドルの追加利上げの期待感や原油先物価格の上昇に伴う資源国通貨買いの流れで底堅く推移すると考えているので、豪ドル円80円までは強気のロング買い下がりで勝負したいと思います。

逆に80円を切ると、下落スピードが早くなる事も考えられるので、Excelで作ったリスクヘッジ計算表で見積もった計算を元に、買い下がりのロングと合わせてリスクヘッジのショートと合わせてポジションを取り続け、76円までに100%両建て(5万通貨)が完成するようにトラップを掛けています。

********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

104位まで急上昇!100位以上を目指して頑張っています。!!
人気ブログランキングへ

********************************

10月の手動トラリピ運用ルール

1. 順張り(ショート・ロング両対応) 
 1-1 ショート (最大10口×1,000通貨)
   ・ 30pips幅でIFD注文で、30pipsの決済
   ・ 状況に応じて決済注文を外して、リスクヘッジ用にする

 1-2 ロング  (最大10口×1,000通貨)
   ・ 30pips幅のIFD注文で、30pipsの決済

 ※1 4時間平均足の状況で設定幅を変更する。
     (ex 上昇時 ロング 50pips~ ショート 100pips~)
 ※2 順張りで反転されても最大2口(1,000通貨)以上は残らない。
 ※3 決済注文が前回安値(高値)を超えないようにする。

2. 逆張り(ロングのみ 最大10口×1,000通貨)
   ・ 40pips幅でIFD注文で、50pipsの決済


********************************
マネースクウェア・ジャパン
複数の指し値注文を設定するだけで自動的に注文を繰り返すリピート機能が付いており、感情に流されることなく機械的に24時間注文をしてくれるから、機会ロスすることなく取引が出来る画期的な『トラップリピートイフダン®』

スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 21:05 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

為替相場の動きが少なく手動トラリピが動かず、欧州時間からの指標に期待!

昨日は、週末の円売りの流れを引き継ぎドル円・クロス円ともに値を戻す展開となり流れが変化をしました。特に、豪ドルやカナダドルなどの資源国通貨は原油価格の上昇に伴い大きく買われる展開となり、手動トラリピにはプラス・トルコリラ口座にはマイナスに働き、喜び半分・悲しみ半分です(笑)

また、「北朝鮮が短距離ミサイル5発を試射した」との報道もあり、地学リスクなど為替相場に影響を及ぼすニュースが飛び交っていることから、状況次第では上下に大きく動く可能性も高くなっています。


本日の重要指標

時間

件名

16:15生産者輸入価格
17:30消費者物価指数
 小売物価指数
 DCLG住宅価格
18:00ZEW景況感調査
 ZEW景況感調査
 トゥンペル・グゲレルECB理事の講演
21:30新築住宅価格指数
22:00ビーンBOE副総裁の講演
23:00IBD/TIPP景気楽観度指数
26:15ダドリーNY連銀総裁の講演
26:45コーンFRB副議長の講演


********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

105位まで急上昇!100位以上を目指して頑張っています。!!
人気ブログランキングへ

********************************
日本時間では、午前中にオセアニア地域の経済指標の発表がありました。NZ)小売売上高では、事前予想を上回る結果が出たことでNZドルは反応を示し66円台に乗せたものの、ボラードRBNZ(NZ準備銀)総裁は9月9日に「景気回復はまだらな状態」との見解を示したことや、ドル円・クロス円が円高に進んだこともあり、上値を追いかけるまでにはいたっていません。この後、材料視される可能性もありますが、他の材料と合わせて動くかと思われます。

欧州時間では、数多くの経済指標が予定されています。英)消費者物価指数の事前予想は大きく変化がないので予想通りなら問題はありませんが、欧)ZEW景況感指数は事前予想を上回る好結果が出ていることもあり、予想通りなら今後の金融政策の期待感からユーロ高が期待できるかも知れませんね!

米国時間では、経済指標の予定はあるものの重要視されるような内容ではないことから、株価に左右される展開になるかと思われます。また、アメリカをはじめとする要人は講演が多く予定されていることから、発言内容で動意付くことがあるかも知れませんね。

手動トラリピ口座状況
今日は、値動きが狭すぎて新規・決済ともに動きがありません。後場~欧州時間に掛けてどちらかに動き始めると思われますので、今晩の更新時には少しは報告できるかもしれませんね・・・

この状態が続くと、円高方向に動きそうな気もしています。

トルコリラ口座

091013S.jpg

カナトルの上昇で含み損が・・・
なんとか、ユロトルとトル円で口座を維持していますが、カナダドルの上昇が止まらない事には落ち着かないですね(泣)

********************************
マネースクウェア・ジャパン
複数の指し値注文を設定するだけで自動的に注文を繰り返すリピート機能が付いており、感情に流されることなく機械的に24時間注文をしてくれるから、機会ロスすることなく取引が出来る画期的な『トラップリピートイフダン®』

| 為替相場の焦点 | 12:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。