ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今週の豪ドルは値幅が広く900pipsGET!凄いぞ手動トラリピ!!

FXトレーディングシステムズ
スプレッド(手数料)が狭く、レバレッジ400倍で1000通貨から取引が可能で、手動トラップイフダンに最も適していると思われる口座です。南アフリカランドも1万通貨から取引が可能で証拠金が425円で運用可能です。

********************************

今週の豪ドル円は予想以上の値幅で推移した事で少々ミスをいましたが、先週末に比べ15%増(966pips)という結果が残せました!

090927-091003.jpg

利益が増えた要因は、リスクヘッジ用のショートがタイミング良く外す事が出来たからで、外すタイミングを間違えた時の事を考えると怖いものがあります。今後はショートポジ(両建て)の使い方について勉強しないと生き残れなさそうですね(-_-;)

豪ドル円 4時間平均足
091003C.jpg


雇用統計後の戻しが要因なのか、4時間平均足が反転し上昇サインが出始めました。NYダウは雇用統計が悪化した割には下落幅が狭く終え、原油価格は下げ止まった感もあるので豪ドル円の上昇も期待できそうですね!

決済状況
091003T.jpg

9月の雇用統計で合計500pips近くも取れたので調子にのってIFD注文を入れてみましたが、スリッページ対応を検討していなかった事で130pips程度マイナスしましたが、200pipsの利益は確保する事が出来ました!

イベント時の対応が未だ確立していませんが、発表直後の動きは捨てて落ち着いたあとの第2波から対応した方が、リスクが少ないかも知れませんね!


現在のポジション
保有ポジ L:12,000通貨
含み損益 -12,908円(77.530円時点)
平均単価 L:78.606円

先週末の時点では下落の真っ最中だった事もあり、ショート:4/ロング:7で含み損も-8630円で週明けの荒れた相場にも上手く対応が出来ましたが、平均単価が0.5円程度下がってはいるもののロングのみとなっているので、G7で為替に関して新たなニュースが出ずに落ち着いた週明け相場になって貰いたいものです。


********************************
応援お願いします!
皆さんのご協力でかなり上位に行く事が出来ました。
この状態を維持するためにも応援よろしくお願いしますあせる
にほんブロa href=

120位前後で停滞中 100位以上を目指して頑張っているので応援お願いします。!!
人気ブログランキングへ

********************************

10月の手動トラリピ運用ルール

1. 順張り(ショート・ロング両対応) 
 1-1 ショート (最大10口×1,000通貨)
   ・ 30pips幅でIFD注文で、30pipsの決済
   ・ 状況に応じて決済注文を外して、リスクヘッジ用にする

 1-2 ロング  (最大10口×1,000通貨)
   ・ 30pips幅のIFD注文で、30pipsの決済

 ※1 4時間平均足の状況で設定幅を変更する。
     (ex 上昇時 ロング 50pips~ ショート 100pips~)
 ※2 順張りで反転されても最大2口(1,000通貨)以上は残らない。
 ※3 決済注文が前回安値(高値)を超えないようにする。

2. 逆張り(ロングのみ 最大10口×1,000通貨)
   ・ 40pips幅でIFD注文で、50pipsの決済


********************************
マネースクウェア・ジャパン
複数の指し値注文を設定するだけで自動的に注文を繰り返すリピート機能が付いており、感情に流されることなく機械的に24時間注文をしてくれるから、機会ロスすることなく取引が出来る画期的な『トラップリピートイフダン®』

スポンサーサイト

| 手動トリピ運用記録 | 09:55 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。