ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テクニカル指標の検証と、合成EURDKKの紹介

セントラル短資FXFXライブ
  テクニカル指標の検証 10日目


セントラル短資FXは、リアルタイム情報サイトFXライブをリリースしテクニカル指標の売買シグナルをチャートや音声にて知らせる機能があり、テクニカル指標を上手く使えない初心者に心強い味方です。

 

********************************

今日の為替相場は、豪シドニー・モーニングヘラルド紙が「RBA(豪準備銀)の政策金利は上がるよりも下がる可能性が高い」との報道や、米ウォールストリートジャーナル紙が「独の公的債務が1000億ユーロ超増加する可能性」との報道など、今まで相場を牽引してきた、豪ドルやユーロなどにネガティブな報道をされた事で、窓こそ開けていませんが週末に戻した分をすべて帳消しにする動きになっています。

セントラル短資FXFXライブのユーロ円でのテクニカル指標のシグナル状況は・・・

6/19
21:00 ポリンジャーバンド・時間足 1334.95(売り)

6/22
10:00 移動平均・時間足 133.89円(売り)
15:00 ポリンジャーバンド・時間足 133.62(買い)
17:00 ポリンジャーバンド・時間足 133.32(売り)


相場の流れによって使えるテクニカル指標が変わってくるかと思いますが、先週の結果を検証してみるとFXライブで使える全ての時間足のテクニカル指標は、210~525pipsと好成績を出しています。このデータをもとにシステムトレードが出来れば、かなりの収益が得られそな気もします。

問題は、どのタイミングで利益確定をするかですね・・・
 
********************************
ブログ更新の励みになりますので
下記のバーナーへ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
********************************

魚屋さんmasaruさんのブログで紹介している『合成EURDKK』について紹介したいと思います。

自分もEURDKK(ユーロデン)を運用し4月~5月の2か月間で、約50%近くのスワップを稼ぐ事が出来た通貨ペアですが、ヨーロッパ為替相場メカニズム(ERM-II)を通してEUR/DKKのレンジは7.40638を中心に上限7.62823~下限7.29253の±2.25%(335pips)のレンジ幅で管理されていますが、現在のレートが7.4440前後と以前よりかなり低いレベルで推移しており、スワップも4月の1.5DKKから0.4DKKと大きく減少しているので、新たに取引を始めるにはかなりリスクが高くなっています。

********************************
アトランティックトレード
TRYJPY(トルコリラ円)でも優秀な業者として紹介しましたが、今回紹介している合成EURDKKでもお勧めできる口座となっています。総合的に検討した場合、FX Online Japanよりアトランティック・トレードが、BESTかも知れませんね!
アトランティック・ファイナンシャル・コーポレーション
********************************

そこで注目されてきたのが、米ドル(USD)を中心に、ユーロ(EUR)とデンマーククローネ(DKK)を同じ金額を取引する事で、そのスワップ差を得るというのが合成EURDKKとなります。

詳しい運用方法は、魚屋さんがまとめた内容の受け売りですが・・・
単純に運用金額の半分づつを、EURUSDとUSDDKKのそれぞれの通貨ペアに振り分けて取引をするだけとなります。


合成EURDKK 
※ FX Online Japanの取り引き画面

通貨ペア

必要証拠金

ポジション

USDDKK

9,594円

52,115通貨

EURUSD

13,263円

37,698通貨


※1 運用金額:10万円(1通貨ペア5万円)
※2 必要証拠金=1万通貨

同じ比率で運用している限りは為替変動に相関性があるので、為替変動をあまり期待は出来ませんが、ポジションバランスを変える事で為替差益も同時に狙う事が出来ます。もちろん、想定していた方向と逆に動いた場合は、リスクが伴いますが・・・・ もう少し検証して運用できる自信が付いたら、4月~5月までにEURDKKで稼いだスワップ&為替差益の10万円から始めてみようかと思います。

********************************
エースでねらえ!FX
レバレッジ200倍 32通貨ペアと豊富な通貨ペアで、USDJPYのスプレッドが1pips固定とかなり条件の良い業者の1つで、USDHKDがプラススワップになっている数少ない業者の一つです。
エース交易

スポンサーサイト

| セントラル短資FX | 22:10 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日(6/22)の経済指標と為替動向

セントラル短資FXは、リアルタイム情報サイトFXライブをリリースしテクニカル指標の売買シグナルをチャートや音声にて知らせる機能があり、テクニカル指標を上手く使えない初心者に心強い味方です。

 

********************************

先週末の米国時間は、円安方向に進んでいた勢いもなくなってきたので、反発するかと期待していましたが、順調に値を戻していたNYダウも後場に入り下げてきた事から、ドル円・クロス円ともに上値が重い展開が続き、思ったような動きが見られませんでした。

週明けの日本時間では、豪シドニー・モーニングヘラルド紙の新聞で「RBA(豪準備銀)の政策金利は上がるよりも下がる可能性が高い」と報じられたり、米ウォールストリートジャーナル紙が「独の公的債務が1000億ユーロ超増加する可能性」と報じられたことで、リスク回避の動きからか円高方向に進む展開となっています。

日経平均は、先週末の終値を挟んだ狭いレンジでの動きとなっている事から、外部的要因がない限り、大きな動きはしないと思いますが、より円高に進む事になると、輸出関連株などが売られる事になるかも知れません。

********************************
ブログ更新の励みになりますので
下記のバーナーへ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
********************************

日本時間では、経済指標の発表予定もないことから、前場の流れと同じようなジリジリと円高に進む恐れがあります。あまり円高方向に進みすぎると、日経平均が売られる事も予想される為、注意をしておいた方が良いのかも知れませんね!

欧州時間では、独)IFO景況指数の発表予定があります。事前予想では前回発表値より改善されている事から、ユーロが買われる展開も予想されますが、欧州時間が始まった時点で米ウォールストリートジャーナル紙が「独の公的債務が1000億ユーロ超増加する可能性」を、欧州勢がどう判断し行動してくるかで、全く状況が変わってくると思われるので、15:00~16:00までの動きに注意が必要だと思います。

米国時間では、重要視される経済指標の予定はないことから、NYダウなどの株式市場の動きに左右される展開になると思われます。


********************************
エースでねらえ!FX
レバレッジ200倍 32通貨ペアと豊富な通貨ペアで、USDJPYのスプレッドが1pips固定とかなり条件の良い業者の1つで、USDHKDがプラススワップになっている数少ない業者の一つです。
エース交易

********************************
CMC Markets Japan
レバレッジ200倍 24種類83通貨ペアと豊富な通貨ペアで、マイナー通貨でも狭いスプレッドで設定しているので、リスクの限定されているペグ制(EURDKK/USDHKD)など用で現在一番注目している業者です。
CMC Markets Japan のFXマージン

| 為替相場の焦点 | 12:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。