ゴールドカードの審査基準

長期投資で複利運用挑戦記録

アラフォーサラリーマンが、へそくり資金をFXに投資しながら 資金倍増を夢見て取引している記録です。(手動トラリピ編)

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金融庁がハイレバ規制!さて、どうする #2

昨日の、つづきですが・・・

5月21日の日経新聞に『金融庁がFX業者に最高倍率を25倍とする規制案を提示』との掲載され早ければ今夏に実施するそうです。本格的に導入された場合どうなるのでしょうか?

レバレッジを25倍に規制する事で、必要証拠金の金額が増加します。スキャルなどの取引をしている場合は、10万円程度の資金で10万通貨単位を売買している人も多いと思いますが、仮にドル円が100円だった場合は、レバ400倍だと2万5千円程度の必要証拠金で済みますが、25倍になると必要証拠金が40万円となり、簡単に手が出せずに少額投資家が減少する事になると思われます。

そこで、レバレッジが25倍規制が入った場合のFX業者選択と運用方法を検討したいと思います。

********************************
ブログ更新の励みになりますので
下記のバーナーへ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
トラコミュ ユーロペッグ通貨 EUR/DKKの運用!
トラコミュ スワップ派
トラコミュ運用成績を公開してみよう。

********************************

スワップ口座の場合
FX Online Japanで運用しているEURDKKは、超ハイレバレッジで運用している為、続ける事は出来ないと考えています。昨年まで流行っていたオセアニア通貨は相次ぐ利下げで、スワップで収益を得るには資金効率が悪くあまりメリットがないと思います。

そこで、トルコリラなどの高金利通貨などである程度資金効率を上げる訳ですが、トルコリラを扱っていて、10万円の資金で著しい為替変動に耐えれるだけの余裕を持たせる為には、1万通貨単位以下での取引が必要になります。そうなると、業者はかなり限定され5,000通貨単位で取引できるSAXO系(HiroseTrader)かLION FXだと思います。

TRYJPYやEURTRYなども1,000通貨で取引可能


5,000通貨から取引可能で、資金調達金利も


スイング取引の場合
レバレッジ規制で25倍となると、EMCOMTRADEFXブロードネットなどの、スプレッドが狭い業者が有力になりますが、FX業者はハイレバで取引量を増やす事で売上を増やし、その一部を使いスプレッドを狭くしたりして顧客確保をしていたと思います。

レバレッジ規制される事で、130社以上あるFX業者の売り上げが減少し淘汰される業者が増えるとともに、残った業者も売上を確保するためにスプレット広げるなどの対処をすると思われるので、取引量が多く自己資本比率が高い業者を選択するつもりです。

ドル円スプレッドが0.1銭~ ジャスダックに上場


また、スプレッドが狭く1万通貨以下でも手数料が掛からない業者も良いかと思います。


ドル円スプレッド0.5銭~ 1000通貨単位から取引可能!


スワップ口座で運用する場合でも、スイング取引で運用する場合でも、テクニカル分析などでなるべく有利なタイミングで売買したいと思っていますが、マスターするにも時間が掛かり授業料という名の損失が発生する事もあるので、FX業者がリリースして無料で使えるTOOLを紹介したいと思います。

代表的な6種類のテクニカル指標分析し売買シグナルを配信


相場の動きを16種類のチャートパターンの中から選別し、将来の値動きを予測
スポンサーサイト

| 証券会社の選び方 | 20:45 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。